[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

繰り返し処理

pointこの用語のポイント

pointプログラムに対する命令の分類だよ

point同じ処理を何回もやらせるよ

pointfor文とかwhile文とかを使って書くよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

繰り返し処理とは

for文とか、while文とか、do~while文とかを使って書く処理のこと。
もう少し辞書っぽく書くと

プログラミングにおける処理の分類のひとつ
であり

プログラムさんに対して同じことを何回もやらせる命令のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

※このページの説明は「ループ処理」の説明と、ほとんど同じです。既に「ループ処理」の説明をご覧になった方は、読んでもあまり意味は無いと思います。

順番に見ていきましょう。

プログラムは「人間様の代わりにコンピュータさんにあれこれ命令してくれるやつ」ね。
このプログラムを実際に作る作業を「プログラミング」と言います。

繰り返し処理

プログラミングは、コンピュータさんに対して、仕事を指示する行為です。
「この場合は、あれしろ」「この場合は、これしろ」と、細かく指定していきます。

さて、このコンピュータさんに対する指示ですが、何回か同じ処理をやらせたい場合があります。
例えば「ピヨ太君が寝ている間は、ピヨ太君を起こす」とかですね。
スヌーズ機能付きの目覚まし時計のイメージです。

ふむ。
寝坊助ピヨ太君には必要かもしれませんね。

コンピュータさんは人間様の役に立つためにあるのです。
やらせましょう。

ピヨ太君は

1.ピヨ太君が寝ているか判断する
2.寝ていれば、ピヨ太君を起こす


ことをコンピュータさんにお願いしました。

繰り返し処理2

ただし、ピヨ太君は寝坊助さんです。
一度で起きるとはかぎりません。

そこで、ピヨ太君は「起きるまで、起こせ」と追加で指示しました。

繰り返し処理3

つまり

1.ピヨ太君が寝ているか判断する
2.寝ていれば、ピヨ太君を起こす
3.ピヨ太君が寝ているか判断する
4.寝ていれば、ピヨ太君を起こす
5.ピヨ太君が寝ているか判断する
6.寝ていれば、ピヨ太君を起こす
7.ピヨ太君が寝ているか判断する
8.寝ていれば、ピヨ太君を起こす
    ・
    ・
    ・


をピヨ太君が起きるまでやってくれ、ということです。

この指示は

1.ピヨ太君が寝ているか判断する
2.寝ていれば、ピヨ太君を起こす


を、ピヨ太君が起きるまで「繰り返す」と言えます。

このような「条件を満たしている間は同じ処理を繰り返しなさい!」な命令が「繰り返し処理」です。

先ほどのピヨ太君の話であれば

繰り返す条件:ピヨ太君が寝ている間
繰り返す処理:ピヨ太君を起こす


ですね。

繰り返し処理4

多くのプログラミング言語では、コンピュータさんに繰り返し処理をやらせるための命令文が用意されています。
例えば、for文while文do~while文などです。

それぞれの構文の詳細については、それぞれ用語の説明を、ご覧ください。
どの構文もプログラミングの基本です。
作る立場の人は、当たり前に知っておかないとマズいと思います。
頑張って使いこなせるようになってくださいね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「繰り返し処理」って単語が出てきたら「同じ処理を何回もやらせるんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク