[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

リードオンリー (read only)

pointこの用語のポイント

point見ることはできるよ

point変更はできないよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

リードオンリー (read only)とは

「読み取り専用」のこと。
つまり

「中身を見ることはできるけど変更はできませんよ」な状態のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「読み取り」と「書き込み」について、説明します。

読み取りは「保存されたデータを取り出す」ことです。
ファイルや、CD-R等の記憶媒体に保存されたデータを取り出すことを指します。

リードオンリー

書き込みは読み取りの逆です。
「ファイルとかにデータを保存すること」を指します。

リードオンリー2

ファイルをノート、データを文字と考えると分かりやすいと思います。
ノートに書かれた文字を読むのが「読み取り」です。

リードオンリー3

反対に、ノートに文字を書くのが「書き込み」です。

リードオンリー4

以上を踏まえて「読み取りはできるけど書き込みはできないよ!」な状態が「リードオンリー」です。
日本語では「読み取り専用」と言います。

リードオンリー5

リードオンリーになるのは

1.そもそも変更できないとき
2.対象に「変更はダメだよ!」な指定がされているとき
3.あなたに「変更していいよ!」な権限がないとき


の、いずれかです。

……他にあったら、ごめんなさい。
取りあえず、私が思い付くのは上の3つです。

順番に説明していきましょう。

1.そもそも変更できないとき

は、CD-ROMを考えてみてください。
CD-ROMに入っているデータは、見ることはできるけど変更はできません。
これは「もともと変更できないよ」な状態です。

2.対象に「変更はダメだよ!」な指定がされているとき

は、ファイルやフォルダ等に「読み取り専用」属性が付いている場合です。
その場合、中身を見ることはできるけど変更はできません。
これは「もともとは変更できたけど、変更できなくしているよ」な状態です。

3.あなたに「変更していいよ!」な権限がないとき

は、そのまんまですね。
ログインしているユーザ(コンピュータを使っている人)に変更する権限がない場合です。
「変更していいよ!」な権限がある人であれば、変更できます。
権限がない人は変更できません。
これは「本当は変更できるけど、おまえには変更させない」な状態です。

リードオンリーになるケースは、そんなところでしょうか。

なお、リードオンリーには

1.変更できない
2.変更できるけど保存できない


の2つのパターンがあります。

「1.変更できない」は諦めるしかありません。
残念賞です。

「2.変更できるけど保存できない」は、別のファイルとして保存することで変更(したものを複製)できます。
ちょっとだけ専門用語を使うと、上書き保存はできませんが、名前を付けて保存はできることが多いはずです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「リードオンリー」って単語が出てきたら「見ることはできるけど変更はできないんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク