[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

TCP/IP

pointこの用語のポイント

point通信プロトコルだよ

pointインターネットで使われているよ

pointワンセットで表現しているけど、実際には「TCP」と「IP」の2つだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

TCP/IPとは

インターネット用の「通信する上でのお約束事」のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

「インターネット用」と書いてしまいましたが実際にはLAN等も含みます。
説明上は「インターネット」に統一しちゃいますが「インターネット(とか)」と補足して読んでください。

まず、通信ってのは送り側と受け手側の両方がお約束を守ってこそ成り立つものです。

電話でもそうですよね?
相手が電話に出てから話を始める。
これを守らず好き勝手に話しだしても相手には伝わりません。

同じようにインターネットで通信をするときもお約束事があるのです。
このお約束事はどのパソコンさんも守っています。
このお約束事を守っていないパソコンさんはインターネットできません。
厳しいですね~。

このインターネットをするときの「お約束事」が「TCP/IP」です。

ちなみに「TCP/IP」は「TCP」と「IP」です。
「TCP/IP」で1つではなく「TCP」と「IP」の2種類のお約束事があるのです。
ただ現実的には、セットで扱って良さげなので「TCP/IP」とまとめて表現されます。

例えば車で左折するときは

1.信号が青であるのを確認する
2.人を轢かないか気を付ける

の2つのお約束があるとします。

でもそれぞれを別に扱う意味ってあまりないですよね?

そこで

信号が青であるのを確認して人を轢かないか気を付ける。

と表現しているようなものなのです。
「TCP」と「IP」は本来別物ですが、まとめて取り扱う方が便利なので「TCP/IP」と表現されているとお考えください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「TCP/IP」って単語が出てきたら「インターネット通信用のお約束事なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク