[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

マップ (map)

pointこの用語のポイント

point何かと何かを関連付けることだよ

pointもしくは、地図っぽい何かだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

マップ (map)とは

「マップする」という言い方で、アレとコレを関連付けること。
もしくは

何かの分布図とかのような地図っぽい何かのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

「アレとコレを関連付ける」のが「マップ」です。

マップ

「マップする」のような言い方で登場します。
名詞っぽい使い方をしたい場合は「マッピング」と言います。

何が「アレ」で、どれが「コレ」かは、その言葉を使った状況次第です。

URLとタイトルをマップする」であれば「URLとタイトルを関連付ける」の意味です。

マップ2

CライブラリJavaにマップする」であれば「CのライブラリをJavaのプログラムと関連付けますよ」の意味になります。

マップ3

どちらかといえば「マップ」よりも「マッピング」の方が登場頻度は多いですけどね。
私も「マップする」とは、あまり言いません。
「マッピングする」と言っています。

これが1つ目の意味の「マップ」です。
「関連付けること」ね。

もう1つの意味のマップは、単純に「地図」を意味するマップです。
地図っぽい何かを指して「マップ」と呼びます。

マップ4

例えば、何かの分布図を指して「○○マップ」と言ったりします。
「美味しいケーキ屋さん分布図」を意図して「極上ケーキ屋マップ」と言ったりですね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「マップ」って単語が出てきたら「関連付けること、もしくは地図っぽい何かなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク