[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

キロヘルツ (kHz)

pointこの用語のポイント

point周波数の単位だよ

point1秒間あたりの波が揺れる回数だよ

point1kHz=1,000Hzだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

キロヘルツ (kHz)とは

1秒間あたりの波の揺れる回数(周波数)を表す単位
であり

1キロヘルツ=1,000ヘルツな単位

です。

image piyo

詳しく書くよ

キロ」+「ヘルツ」で「キロヘルツ」です。

キロヘルツ(kHz)

キロは「千(10^3)を指す単位」ね。

ヘルツは「1秒間あたりの波の揺れる回数(周波数)を表す単位」です。

それを踏まえて

1キロヘルツ(kHz)=1,000ヘルツ(Hz)

な単位が「キロヘルツ(kHz)」です。

……と、あっさり言われても分からないかもしれませんね。

大丈夫です。
もう少し細かく見ていきます。

波というのは、ゆらゆら揺れています。

キロヘルツ(kHz)2

波の揺れ方は一定ではありません。
ゆら~り、ゆら~りと、ゆ~っくり揺れている波もあれば、ゆらゆらゆらゆら!と船酔いしそうな勢いで激しく揺れている波もあります。

キロヘルツ(kHz)3

ここで時間を区切って波を見てみましょう。

1秒間で時間を区切って見たところ、1回揺れる波と5回揺れる波の2つの波がありました。

キロヘルツ(kHz)4

1秒間に1回揺れる波と5回揺れる波では、どちらが船酔いしそうですかね?
実際どうかは分かりませんが、アップダウンが激しい方が酔いそうなイメージがあります。
1秒間に5回揺れる波の方が船酔いしそうです。

キロヘルツ(kHz)5

このアップダウンの激しさ「一定時間に何回揺れるのよ?」を表す数値が周波数です。
周波数を表す単位は「ヘルツ(Hz)」と言います。

1秒間に1回揺れる波は1Hzの波です。
1秒間に5回揺れる波は5Hzの波です。

キロヘルツ(kHz)6

せっかくなので、もう少し数字を増やしてみましょう。

1,000回揺れたら1,000Hzです。
10,000回揺れたら10,000Hzです。

数字が大きくて見にくいですね。

そこで、どこかの誰かが新しい単位を作りました。
それが「キロヘルツ(kHz)」です。

キロヘルツは

1キロヘルツ(kHz)=1,000ヘルツ(Hz)

な単位です。

1,000回揺れたら1kHzです。
10,000回揺れたら10kHzになります。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「キロヘルツ(kHz)」って単語が出てきたら「単位時間当たりの波の数を表す単位で、1キロヘルツ(kHz)=1,000ヘルツ(Hz)なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク