[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

イーサネット (Ethernet)

pointこの用語のポイント

point通信規格だよ

pointLANに採用されているよ

pointケーブルとかの物理的な部分に関する決まり事だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

イーサネット (Ethernet)とは

LANに採用されている通信規格
であり

LANで使われる「物」に関する決まり事
です。
よく分からなければ

LANのこと
だと思っても構いません。

image piyo

詳しく書くよ

「ねぇねぇ、LANってさ。こんな取り決めの通信にしたらいーんじゃね?」と誰かが言ったところ、皆が「それ、いーねぇ」と言いました。
そして「こんな取り決め」に沿ってLANは設計されたのです。

この一連の流れで「こんな取り決め」がいくつか決まりましたが、その中の一つが「イーサネット」です。
「こんな取り決め」には他にも「TCP/IP」などがありますよ。

イーサネットとTCP/IP、LANのお話ではよく登場する言葉ですよね。
「なんで2つもあるのさ?」と思うかもしれませんが、守備範囲が違うのです。

イーサネットは「物」に関する規格です。例えばLANケーブルとかそんな奴等ですね。
一方のTCP/IPは、中を通る「データ」のお話なのです。

イーサネットはLANの蹴っ飛ばせる部分に対する決め事で、TCP/IPは蹴っ飛ばせない部分に対する決め事だとお考えください。

イーサネット

これが本来の意味のイーサネットですが、よく分からなければ「イーサネット」をそのまま「LAN」と読み替えてしまっても構いません。
厳密には違いますが、雰囲気は掴めると思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「イーサネット」って単語が出てきたら「LANに使われている通信規格なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク