[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ダイナミックポート (dynamic port)

pointこの用語のポイント

pointポートだよ

point用途が決まっていないよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ダイナミックポート (dynamic port)とは

「エフェメラルポート」のこと。
つまり

コンピュータについている「その気になれば誰でも通れるドア」のこと
であり

用途が決まっていないポート(ネットワークとパソコンの間にあるドア)のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

※このページの説明は「エフェメラルポート」の説明と、ほとんど同じです。既に「エフェメラルポート」の説明をご覧になった方は、読んでもあまり意味は無いと思います。

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「ポート」について説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

ポートは「ネットワークからパソコンさんにお邪魔するときに通るドア」です。
パソコンさんには、番号の振られたドアが、たくさん付いています。

ダイナミックポート

通信において何かを受信するときは、ネットワークを通ってきたデータが、たくさんあるドアのどれかを通ってコンピュータに入ってきます。

ダイナミックポート2

逆に送信するときは、たくさんあるドアのどれかを通って、データがネットワークの世界に出ていきます。

ダイナミックポート3

これらのドアがポートです。
コンピュータとネットワークの間にあるドアで、ネットワークとコンピュータの間を行き来するデータが通ります。

ダイナミックポート4

ポートは、大きく分けて2種類に分類できます。
それは

1.用途が決まっているポート(特定の人しか通れないドア)
2.用途が決まっていないポート(誰でも通れるドア)


の2つです。

例えば、インターネットのデータは80番のドアを通ると決まっています。

ダイナミックポート5

FTP(インターネットの線を使ってファイル送受信する仕組み)のデータは20番とか21番のドアを通ります。
ここでは便宜上、20番のドアを通ることにしておきましょう。

ダイナミックポート6

telnet(他のコンピュータを遠隔操作するときに使う仕組み)のやり取りは23番のドアを使うことになっています。

ダイナミックポート7

一方で、例えば、2000番のドアは使う人が決まっていません。
使いたくなった人が自由に使えます。

ダイナミックポート8

以上を踏まえて

1.用途が決まっているポート(特定の人しか通れないドア)
2.用途が決まっていないポート(誰でも通れるドア)


の2種類のポートのうち

2.用途が決まっていないポート(誰でも通れるドア)

を指す呼び名が「ダイナミックポート」です。
エフェメラルポート」とも呼ばれます。

ちなみに

1.用途が決まっているポート(特定の人しか通れないドア)

の方は「ウェルノウンポート」と言います。

せっかくなので、併せて覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ダイナミックポート」って単語が出てきたら「用途が決まっていないポートなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク