[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ADC

pointこの用語のポイント

pointアナログをデジタルに変換する機械だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ADCとは

「A/Dコンバータ」のこと。
つまり

アナログ形式になっているデータをデジタル形式に変換する機械(電子回路)のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として

アナログ
デジタル
A/D変換
A/Dコンバータ


について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

アナログは「うにょ~んと連続的に変化していくもの」です。

ADC

デジタルは「カクカクと断続的に変化していくもの」です。

ADC2

よく分からない人は

・アナログ:針がついている時計
・デジタル:時間が数字で表示される時計


で考えてください。

ADC3

針がついている時計は、表示される時間が連続的に変化していきます。
例えば、1時から1時5分までの時間の変化を考えた場合

1時→うにょ~ん→1時5分

です。
瞬間、瞬間を切り取ると「1時3分21.25秒」のように正確な時間が分かります。
時計の針は常に動き続け、表示される時間は常に変わっていきます。

ADC4

一方、時間が数字で表示される時計は、表示される時間が断続的に変化します。
1時から1時5分までの時間の変化を考えた場合、分まで表示される時計であれば

1時→1時1分!→1時2分!→1時3分!→1時4分!→1時5分

です。
時間は本来、常に流れています。
ですが、時計の指し示す時間は分単位で飛び飛びに変わっていきます。

ADC5

アナログ形式のデータをデジタル形式に変換することを「A/D変換」と言います。

ADC6

A/D変換をするのが仕事の機械は「A/Dコンバータ」です。

ADC7

以上を踏まえて、A/Dコンバータの省略表現が「ADC」です。
Analog to Digital Converter(アナログ・トゥ・デジタル・コンバータ)」の頭文字を取って「ADC」です。

分野によっては、違う用語を略して「ADC」と表現するかもしれませんけどね。
少なくとも、オーディオ関連やデータの変換に関する話で「ADC」と出てきた場合は、このA/Dコンバータの省略表現です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ADC」って単語が出てきたら「アナログからデジタルに変換する機械なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク