[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

アベンド (abend)

pointこの用語のポイント

point異常終了のことだよ

point途中で終わったよ

point予定外のことが起きたよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

アベンド (abend)とは

「異常終了」のこと。
つまり

お仕事をしていたプログラムとかに予定外のことが起きて、処理が途中で終わること
です。

image piyo

詳しく書くよ

異常終了は「予定外のことが起きて、処理が途中で終わること」ね。

例えば、プログラムは「働け!」という命令を受けて、お仕事を始めます。

アベンド

順調に進めば、やる予定だった仕事が終わります。

アベンド2

順調に進まないと、途中で仕事を投げ出すかもしれません。

アベンド3

この2つの結果

1.ちゃんと終わった
2.途中で投げ出した


のうち

2.途中で投げ出した

状態を指す用語が異常終了です。

アベンド4

それを踏まて「異常終了」を意図する別の表現が「アベンド」です。

アベンド5

例えば「動作中のプログラムがアベンドした」と言ったりします。
意味は「動作中のプログラムが異常終了した」です。

異常終了を「アベンド」と表現する理由は分かりません。
abnormal end(アブノーマルエンド)」を省略して「abend(ab end)」という説明は見つけましたが、どれくらいの信ぴょう性があるのか、私には判断できませんでした。

メインフレーム(昔主流だった、集中管理型の大型コンピュータシステム)時代に、よく使われた用語らしいですけどね。
そのころの私は、まだまだ、お子ちゃまでした。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「アベンド」って単語が出てきたら「異常終了のことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク