[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

連結演算子

pointこの用語のポイント

pointプログラミングで出てくる演算子だよ

point2つの文字列をくっつけるよ

point「+」「&」「.」「||」など、演算子の見た目はプログラミング言語によって違うよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

連結演算子とは

プログラミングで出てくる演算子のひとつで、2つの文字列をくっつけるときに使う演算子
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

プログラミングは「プログラムを作ること」ね。
プログラムの元ネタである「ソースコード」を書く作業を指す場合もあります。

連結演算子

ソースコードを書くときに使う言葉は「プログラミング言語」です。
プログラミング言語には、いろいろな種類があります。
それぞれの言語によって書き方は違います。
ですが、基本的な部分の書き方は似ている場合が多いです。

演算子」の説明もしておきましょう。
演算子は「どんな演算をするか表す記号」です。
「+」「-」「*(×)」「/(÷)」の四則演算の記号をはじめ、なんかいろいろあります。

連結演算子2

あとは、おまけで「文字」と「文字列」の説明もしておきます。

文字は「あ」とか「い」とかのことです。
プログラミングの世界においては、記号としての文字を指します。

連結演算子3

文字列は、文字を複数集めたものです。
「眠い」とか「お腹空いた」とかの単語や文章を指します。
プログラミングの世界において、文字と文字列は区別されます。

連結演算子4

以上が予備知識です。

ここまでを踏まえて、2つの文字列をくっつけて1つの文字列にするときに使う演算子が「連結演算子」です。

連結演算子5

連結演算子の見た目は、いろいろあります。
「+」や「&」あるいは「.」や「||」など、プログラミング言語によって違います。

例えば、そうですね。

Javaにおける連結演算子は「+」です。

System.out.println("ぼへぼへ" + "ピヨ太");

を実行すると、画面上には

ぼへぼへピヨ太

と表示されます。

Excel関連で使える連結演算子は「&」です。
セル(Excelのマス目)の中に

="ぷりちー" & "ピヨ子"

入力すると、画面上には

ぷりちーピヨ子

と表示されます。

PHPにおける連結演算子は「.」です。

print "女帝" . "ピヨ太ママ";

を実行すると、画面上には

女帝ピヨ太ママ

と表示されます。

データベースOracleでは「||」が連結演算子です。

SELECT 'へろへろ' || 'ピヨ太パパ' FROM DUAL;

を実行すると、画面上には

へろへろピヨ太パパ

と表示されます。

このように、連結演算子の見た目はプログラミング言語によって違います。
間違えないように、ご注意ください。

特に「+」が曲者です。
文字列同士を連結してくれる(連結演算子として機能する)プログラミング言語もあれば、文字列を無理やり数字と見なして足し算をしやがるプログラミング言語もあります。

例えば、PHPにおいて

print "1番のピヨ太君は" . "10歳です";

を実行すると、画面上には

1番のピヨ太君は10歳です

と表示されます。

「.」ではなく「+」を使って

print "1番のピヨ太君は" + "10歳です";

と書くと、画面上には

11

と表示されます。
1番のピヨ太君は」を「1」と解釈して「10歳です」を「10」と解釈して、足し算をしてしまうのです。

この話のポイントは「エラーにはならない」ことです。
PHPにおいて「.」ではなく「+」を使って文字列を連結しようとすると、期待した結果とは違うはずですが、エラーにならずに処理が進みます。
思わぬバグを埋め込まないように、ご注意ください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「連結演算子」って単語が出てきたら「2つの文字列をくっつけなさいな演算子なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク