[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

メール爆弾 (mail bomb)

pointこの用語のポイント

point嫌がらせだよ

pointたくさんのメールを送りつけるよ

pointサイズのデカいメールを送りつけるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

メール爆弾 (mail bomb)とは

ありえないくらいサイズの大きいメールを送りつけたり、ものすごい大量のメールを送りつけることによって、相手のメールボックス(受け取ったメールを入れておく箱)をパンクさせたり、メールを見るのが大変になるようにする嫌がらせのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

※このページの説明は「メールボム」の説明と、ほとんど同じです。既に「メールボム」の説明をご覧になった方は、読んでもあまり意味は無いと思います。

まずは予備知識からいきましょう。
いろいろと補足しつつ「メールボックス」について説明します。

メールは「電子メール」の省略表現で「パソコンさんの世界のお手紙機能」です。
とはいえ、普通に「メール」って言えば分かりますよね?

メール爆弾

メールサーバは「メールに関するあれやこれやを頑張ってくれるコンピュータ」です。
あなたの書いたメールを送ったり、あなた宛てのメールを保管しておいてくれたりします。

メール爆弾2

メールサーバさんは、受け取ったあなた宛てのメールを、一旦、箱に入れて保管します。

メール爆弾3

箱に保管されたメールは、メールを見たり送ったりするときに使うソフトメールソフト)が取り出して、あなたのパソコンに持ってきます。

メール爆弾4

あとは、パソコン上でメールを見ます。

メール爆弾5

これがメールを受信する際の流れです。

この流れにおいて、メールサーバさんは、受け取ったあなた宛てのメールを、一旦、箱に入れて保管しました。
この箱を「メールボックス」と言います。

メール爆弾6

メールボックスは郵便受けのイメージです。

メール爆弾7

現実世界において、あなた宛ての手紙は、あなたの家の郵便受けに届けられます。
あなたは郵便受けに届けられた手紙を、自分の部屋なりに持っていって読みます。

メールの世界において、あなた宛てのメールは、あなたのメールサーバのメールボックスに届けられます。
あなたはメールボックスに届けられたメールを、自分のパソコンに持っていって読みます。

似ていますよね?

メールボックスに保管しておけるメールの量には限界があります。
メールボックスが満杯になると新しいメールが受け取れなくなります。

ここまでの説明で、メールボックスについては何となく分かったでしょうか。

以上を踏まえて、常識外れにサイズのデカいメールを送りつけたり、大量のメールを送りつけたりする嫌がらせが「メール爆弾」です。

メール爆弾8

先ほども書きましたが、メールボックスに保管しておけるメールの量には限界があります。
常識外れにサイズのデカいメールや大量のメールを受け取ると、あっという間にメールボックスが満杯になってしまいます。

つまり、新しいメールが受け取れなくなります。

迷惑ですね。

メール爆弾9

メールボックスのメールはメールソフトさんがパソコンに持ってきます。
常識外れにサイズのデカいメールや大量のメールがあると、メールソフトさんは大変です。
お仕事に時間がかかりますし、パソコンの空き容量が少ないと困ったことになるかもしれません。

迷惑ですね。

メール爆弾10

そんな嫌がらせです。

いまいちイメージできない人は、現実の世界の郵便受けをイメージしてください。

郵便受けを開けたときに、無駄にデカい荷物が詰め込まれていたり、たくさんのチラシや広告が入っていたら、イラッ!としますよね?
郵便受けがパンパンになっていたら、新しい手紙が入りません。
ぎゅーぎゅーに詰め込まれていたら取り出すのも一苦労です。
いらないチラシに大事な手紙が紛れて見落としてしまうかもしれません。

そんな嫌がらせをメールの世界でやったのがメール爆弾です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「メール爆弾」って単語が出てきたら「大容量のメールを送りつけたり、大量のメールを送りつける嫌がらせなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク