[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

既読メール

pointこの用語のポイント

point誰かから受け取ったメールだよ

pointもう読んだことになっているよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

既読メールとは

誰かから受け取ったメールのうち、もう読んだことになっている(中身を開いた)メールのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

「既読」+「メール」で「既読メール」です。

既読メール

既読は「もう読んだよ!」の意味ね。

既読メール2

メールは「電子メール」の省略表現で「パソコンさんの世界のお手紙機能」です。
とはいえ、普通に「メール」って言えば分かりますよね?

既読メール3

以上を踏まえて、受け取ったメールのうち、もう読んだ(ことになっている)メールが「既読メール」です。

既読メール4

ポイントは、もう読んだ「ことになっている」です。
実際に読んだかどうかは関係ありません。

メールソフトの種類にもよりますが、受信メールを表示して一定時間経つと「もう、このメールは読んだよね?」と判断されて、勝手に「もう読みました状態」になります。
この「もう読みました状態」になっているメールが既読メールです。

なお「もう読みました状態」になっていないメールは「未読メール」と言います。
せっかくなので、併せて覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「既読メール」って単語が出てきたら「もう読んだことになっている受信メールなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク