[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

then節

pointこの用語のポイント

point処理のかたまりだよ

pointif文の条件が真のときに通るよ

pointプログラミングの話で出てくるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

then節とは

プログラミングの話で出てくる用語のひとつで、if文において「うん、条件に一致するね!」なときに実行される処理のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「if文」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

if文は、プログラミングで使う構文のひとつで、条件分岐を書くときに使う構文です。
例えば「パンがあったらパンを食べる、パンが無いけどケーキがあったらケーキを食べる、パンもケーキも無かったら暴れる」のような「もし○○だったら××してね~」な処理を書くときに使います。

if文の書き方は

if(パンはある?){
 パンを食べる
}else if(ケーキはある?){
 ケーキを食べる
}else{
 暴れる
}


のような形が一般的です。
プログラミング言語によって細かい違いは、ありますけどね。
英語の「if(もし~)」「else(他の)」と意味合いは一緒です。

then節

以上を踏まえて、if文の条件に一致したときに実行される処理が「then節(ゼン・セツ)」です。
先ほどの例でいえば「パンを食べる」処理ですね。
「if( ~ ){ 」の直後に書いてある処理を指します。

then節2

あと、ついでなので書いておくと「さっきの条件には一致しないけど、こっちの条件には一致するよ!」なときに実行される処理は「else if節」と言ったり言わなかったりします。
先ほどの例でいえば「ケーキを食べる」処理ですね。
「 }else if( ~ ){ 」の直後に書いてある処理です。

then節3

どの条件にも一致しないときに実行される処理は「else節」です。
先ほどの例でいえば「暴れる」処理ですね。
「 }else{ 」の直後に書いてある処理です。

then節4

せっかくなので、全部まとめて覚えてあげてください。

個人的には、あまり馴染みのない表現ですけどね。
「else節」と「elseif節」は直感的に分かりますが「then節」は、口に出して言われると一瞬「ん?」となります。

「ゼンセツ」を「then節」に、すぐ脳内変換できる人は多くないような気もします。
「条件が真のときに実行される処理」や「条件に一致するときの処理」のように言い換えた方が無難かもしれません。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「then節」って単語が出てきたら「if文の条件が真のときに通る処理なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク