[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

マルチブート (multi boot)

pointこの用語のポイント

point1つのパソコンに複数のOSが入っているよ

point起動時に、どのOSを使うか選ぶよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

マルチブート (multi boot)とは

パソコンさんを多重人格にすること。
もう少し真面目に書くと

1つのパソコンに複数のOSを入れておいて、パソコンを起動したときに「よし、今回はこのOSで動かそう!」と選べるようにすること
です。

image piyo

詳しく書くよ

マルチ」+「ブート」で「マルチブート」です。

マルチブート

マルチの意味は「複数(2つ以上)」ね。

マルチブート2

ブートの意味は「起動」です。

マルチブート3

つまり、パソコンさんを複数回起動するのがマルチブート……では、ありません。

マルチブート4

複数のOSから、どれかを選んで起動できるようにするのがマルチブートです。

マルチブート5

おっと、いきなり「複数のOS」とか言われても分かりませんよね。
もう少し細かく見ていきましょう。
まずは、OSの意味から説明していきます。

OSは、パソコンさんの「これが無いとパソコンじゃねーよ」な基本ソフトです。
パソコンさんの人格に相当するソフトで、パソコンさんはOSを入れることで、はじめてパソコンとしてのお仕事ができます。
ちなみに「OS」という用語が世間に広まったきっかけがパソコンなので「パソコン」と書きましたが、スマホやその他のコンピュータ類でも同じです。

マルチブート6

OSと呼ばれるソフトには、いくつかの種類があります。
パソコンさんの世界では、WindowsMacLinux辺りが有名どころです。
スマホの世界であれば、iOSAndroidなどが主流です。

繰り返しになりますが、OSはパソコンさんの人格に相当するソフトです。
パソコンさんの中にWindowsを入れれば「はーい、ボクはWindowsだよー」な人格になりますし、Linuxを入れれば「ヘーイ、ミーはLinuxさー」な人格になります。

マルチブート7

ここまでの説明でOSについては何となく分かったでしょうか。

しつこいですが、OSはパソコンさんの人格に相当するソフトです。
基本的に、1つのパソコンには1つのOSが入っています。

人間だって、そうですよね?
1つの身体に入っているのは1つの人格です。
それと同じです。

ところが、その常識が崩れる日が来ました。

狂気のマッドサイエンティスト見習いのピヨ太君が、1つの身体に無理やり複数の人格を入れてしまったのです。

まず、ピヨ太君は、何も入っていないパソコンに1つ目のOSを入れます。
入れたOSはWindowsだったとしましょう。

マルチブート8

これでパソコンさんの人格はWindowsになりました。
電源を入れると、パソコンさんはWindowsとして動き出します。

マルチブート9

ここまでは普通です。

次にピヨ太君は、このパソコンさんに無理やり2つ目のOSを入れました。
入れたOSはLinuxです。

マルチブート10

パソコンさんはWindowsとLinuxが入っている状態になりました。
1つの身体に2つの人格が入っている状態です。

さらに調子に乗ったピヨ太君は、3つ目のOSも入れてしまいました。
入れたOSはMacです。

マルチブート11

パソコンさんはWindowsとLinuxとMacが入っている状態になりました。
1つの身体に3つの人格が入っている状態です。

ピヨ太君は、WindowsとLinuxとMacが入っているパソコンさんの電源を入れます。
さて、どうなるでしょう?

マルチブート12

パソコンさんは動き出そうとして、混乱しました。
自分がWindowsなのかLinuxなのかMacなのか分からないからです。

マルチブート13

とはいえ、パソコンさんもドライな機械です。
「分からないことは聞くしかないか」と考えました。
ピヨ太君に「ねーねー、ボクって誰だっけ?」と尋ねます。

マルチブート14

ピヨ太君は「おまえは、Windowsだよ」と言いました。
ピヨ太君の返答を聞いて「なるほど!」と思ったパソコンさんは、Windowsとして動き出します。

マルチブート15

さて、次の日になりました。

前の日と同じように、ピヨ太君は、WindowsとLinuxとMacが入っているパソコンさんの電源を入れます。
今度は、どうなるでしょうね?

マルチブート16

パソコンさんは動き出そうとして、やっぱり混乱しました。
自分がWindowsなのかLinuxなのかMacなのか分からないからです。

マルチブート17

仕方がないので、昨日と同じように、ピヨ太君に「ねーねー、ボクって誰だっけ?」と尋ねます。

マルチブート18

ピヨ太君は「おまえは、Linuxだよ」と言いました。
昨日は「Windowsだよ」と言ったくせに、今日は「Linuxだよ」と言ったのです。

しかし、パソコンさんは気付きません。
ピヨ太君の返答を聞いて「なるほど!」と思ったパソコンさんは、Linuxとして動き出します。

マルチブート19

思い込みというのは怖いですね。
昨日はWindowsとして動いたパソコンさんが今日はLinuxとして動きました。

さらに次の日になりました。

前の日と同じように、ピヨ太君は、WindowsとLinuxとMacが入っているパソコンさんの電源を入れます。

マルチブート20

パソコンさんは動き出そうとして、やっぱり混乱しました。
自分がWindowsなのかLinuxなのかMacなのか分からないからです。

マルチブート21

仕方がないので、再び、ピヨ太君に「ねーねー、ボクって誰だっけ?」と尋ねます。

マルチブート22

ピヨ太君は「おまえは、Macだよ」と言いました。
ピヨ太君の返答を聞いて「なるほど!」と思ったパソコンさんは、Macとして動き出します。

マルチブート23

一昨日は「Windowsだよ」でした。
昨日は「Linuxだよ」です。
今日は「Macだよ」と言ったのです。

しかし、パソコンさんは気付きません。
その都度、ピヨ太君に言われた人格で動きます。

ピヨ太君は、内心ほくそ笑みました。
起動するときに選べば、1台のパソコンでWindowsもLinuxもMacも使えるからです。

このように、1つのパソコンに複数のOSを入れて、起動するときに選べるようにするのがマルチブートです。
パソコンが1台しかなくても複数のOSを使えるのが、マルチブートにするメリットです。

なお、マルチブートの中でも特に「OSが2つの場合」は「デュアルブート」と言います。
せっかくなので、併せて覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「マルチブート」って単語が出てきたら「1つのパソコンに複数のOSなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク