[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

デジュールスタンダード (de jure standard)

pointこの用語のポイント

point標準化機関が決めた標準だよ

pointデファクトスタンダードの対義語だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

デジュールスタンダード (de jure standard)とは

「事実上の標準」を意味する「デファクトスタンダード」の対義語
であり

「俺らが基準を決めてやっから!」な団体が「これが標準ね!」って決めた公的な標準のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「デファクトスタンダード」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

デファクトスタンダードは「公的に標準と定められてはいないけど、みんなの中で標準扱いされているもの」です。
一般的には「事実上の標準」と訳されます。
詳細は用語「デファクトスタンダード」の説明を、ご覧ください。

以上を踏まえて、デファクトスタンダードの対義語で、どこかの偉そうな団体が決めた「公的な標準」をカッコつけて言ったのが「デジュールスタンダード」です。

デジュールスタンダード

例えば「国際標準化機構(ISO)」という名前の「工業分野の国際的な基準を決めている団体」があります。
このISOさんが決めた基準は、デジュールスタンダードであると言えます。
偉そうな団体が決めた公的な標準だからです。

一方、別に誰かが「これが標準ね!」と決めたわけではないけれど、みんなが使っているから標準っぽくなっているものもあります。
こちらは「デファクトスタンダード」と呼ばれています。

デジュールスタンダードとデファクトスタンダードはセットで覚えてあげてください。

デジュールスタンダード:公的な標準(公式な標準)
デファクトスタンダード:事実上の標準(非公式な標準)


です。

……カタカナで書くと、見た目が似ていて覚えにくいですね。

よく出てくるのは「事実上の標準」を意味する「デファクトスタンダード」です。
デジュールスタンダードは、あまり見かけません。
「デジュールスタンダード」という用語が登場するのは、デファクトスタンダードと対比されるときが多いのではないでしょうか。

ですから、面倒くさい人は「事実上の標準」を意味する「デファクトスタンダード」だけ理解しておけば大丈夫です。
デジュールスタンダードは「デファクトスタンダードじゃない方」と覚えてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「デジュールスタンダード」って単語が出てきたら「どこかの誰かが決めた公的な標準なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク