[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

情報弱者

pointこの用語のポイント

point何らかの理由により情報を手に入れるのが大変な人だよ

point手に入れた情報を活用するのが苦手な人だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

情報弱者とは

「住んでいるところが田舎」や「インターネットを使った調べ物が苦手」など、何らかの理由により、世の中に溢れている知識や流行といった情報を手に入れるのが大変な人のこと。
あるいは

手に入れた情報を上手く活用するのが苦手な人のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

一言で言えば

1.情報の入手が大変
2.情報の活用が苦手


の、どちらかに該当する人を指す呼び名が「情報弱者」です。

例えば、そうですね。

パソコンに詳しくないピヨ太君はケーキが大好きです。
いつも美味しいケーキ屋さんを探しています。

情報弱者

パソコンにメッチャ詳しいピヨ子さんもケーキが大好きです。
いつも美味しいケーキ屋さんを探しています。

情報弱者2

ピヨ太君はパソコンが使えないので足で稼ぎます。
街をフラフラと歩いて、見つけたケーキ屋さんに飛び込みます。
あるいは、グルメ雑誌を見て美味しいケーキ屋さんを探します。

情報弱者3

ピヨ子さんはパソコンが使えるので、インターネット上で情報を集めまくります。
たまには、ピヨ太君と同じように街をフラフラしたり、グルメ雑誌を見ることもありますけどね。
基本はインターネットです。
口コミやグルメランキングなどを元に候補を絞り、お店のホームページを見て雰囲気や場所を確認し、これだわ!と思ったお店に突撃します。

情報弱者4

ここで、ちょっと考えてみてください。
パソコンに疎いピヨ太君とパソコンをバリバリ使いこなすピヨ子さんでは、どちらが効率的に美味しいケーキ屋さんを探せるでしょうか?

きっと、ピヨ子さんの方ですよね?

パソコンをバリバリ使いこなすピヨ子さんの方が、よりたくさんの情報を、より効率的に集められます。
美味しいケーキ屋さんを見つける可能性が高いでしょう。

情報弱者5

この話におけるピヨ太君が情報弱者です。
ピヨ太君はパソコンを使えない分、情報を集めるのが大変です。

情報弱者6

さて、ピヨ子さんが美味しいケーキを食べているのを見て、ピヨ太君は「自分もパソコンを使えるようになろう!」と決意しました。

情報弱者7

ピヨ太君は寝る間も惜しんで一生懸命勉強します。
結果、ピヨ太君はパソコンマスターになりました。

情報弱者8

何てったってパソコンマスターですからね。
口コミやグルメランキング、お店のホームページを探す力はピヨ子さんと並ぶくらいです。

情報弱者9

ところが、です。

ピヨ太君は集めた情報を見ても、どのお店が美味しそうか、よく分かりませんでした。
情報の分析や活用が苦手だったのです。

情報弱者10

この話におけるピヨ太君(パソコンマスター)が情報弱者です。
情報を集めても、それを有効に活用するのが苦手な人を指します。

情報弱者11

なお「情報弱者」を省略して「情弱」と表現することもあります。

ただし「情報弱者」と「情弱」では、少しニュアンスが違います。
「情弱」という表現は蔑称に近い呼び名です。

個人的な印象では「情報を集めるのが大変な環境にいる人」を指す場合は「情報弱者」と表現することが多いように感じます。
こちらの表現には揶揄するニュアンスはありません。

一方「情報を集めるのが苦手な人」や「情報を活用するのが苦手な人」を意図した場合は「情弱」と表現することが多いように思います。
こちらの表現には「情報に疎い人だねぇ、プッ」的な小馬鹿にするニュアンスがあります。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「情報弱者」って単語が出てきたら「情報を集めるのが大変な人、もしくは、情報を活用するのが苦手な人なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク