[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

アプリケーションソフトウェア (application software)

pointこの用語のポイント

pointOS以外のすべてのソフトだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

アプリケーションソフトウェア (application software)とは

パソコンとかスマホのソフトのうち、OS(コンピュータの人格に相当するソフト)以外のソフトのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「ソフトウェアソフト)」と「OS」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

ソフトウェアソフト)は「コンピュータを構成している要素のうち、蹴っ飛ばせない部分」です。

アプリケーションソフトウェア

ちなみに、蹴っ飛ばせる部分は「ハードウェア」と言います。

アプリケーションソフトウェア2

ソフトには「OS」と「OS以外」の2種類あります。

OSは、パソコンさんの「これが無いとパソコンじゃねーよ」な基本ソフトです。
パソコンさんの人格に相当するソフトで、パソコンさんはOSを入れることで、はじめてパソコンとしてのお仕事ができます。
ちなみに「OS」という用語が世間に広まったきっかけがパソコンなので「パソコン」と書きましたが、スマホやその他のコンピュータ類でも同じです。

アプリケーションソフトウェア3

世の中にあるソフトはOSだけではありません。
OS以外のソフトもあります。
WordExcel、その他諸々、みなさんが仕事や遊びで使っているソフトです。

以上を踏まえて、WordやExcelのような「OS以外のソフト」が「アプリケーションソフトウェア」です。
つまり、ソフトには「OS」と「アプリケーションソフトウェア」の2種類あるわけです。

アプリケーションソフトウェア4

OSの種類は、そんなに多くありません。
世の中に出回っているほとんどのソフトはアプリケーションソフトウェアです。

とはいえ「アプリケーションソフトウェア」という表現は滅多に使われませんけどね。
一般的には、省略して「アプリケーション」や「アプリ」と表現されます。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「アプリケーションソフトウェア」って単語が出てきたら「OS以外のソフトなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク