[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

デジタルデバイド (digital divide)

pointこの用語のポイント

point格差だよ

point入手できる情報の量・質の差によって生じるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

デジタルデバイド (digital divide)とは

「情報格差」のこと。
つまり

「コンピュータとかのIT関連をガッツリ使いこなせる人とイマイチ使いこなせない人では手に入る情報の量や質にガッツリ差が出るじゃないですか。それに伴って、いろいろな面で有利・不利が出ちゃうよね」のこと
であり

所有するIT関連の知識や住んでいる地域によって入手できる情報の質・量に差が発生し、それに伴って生じる格差のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

情報格差は「入手できる情報の量や質の差によって生じる有利・不利」ね。
得られる情報の違いで生じる格差です。

それを踏まえて、情報格差と同じような意味の横文字が「デジタルデバイド」です。

例えば、そうですね。

パソコンに詳しくないピヨ太君はケーキが大好きです。
いつも美味しいケーキ屋さんを探しています。

デジタルデバイド

パソコンにメッチャ詳しいピヨ子さんもケーキが大好きです。
いつも美味しいケーキ屋さんを探しています。

デジタルデバイド2

ピヨ太君はパソコンが使えないので足で稼ぎます。
街をフラフラと歩いて、見つけたケーキ屋さんに飛び込みます。
あるいは、グルメ雑誌を見て美味しいケーキ屋さんを探します。

デジタルデバイド3

ピヨ子さんはパソコンが使えるので、インターネット上で情報を集めまくります。
たまには、ピヨ太君と同じように街をフラフラしたり、グルメ雑誌を見ることもありますけどね。
基本はインターネットです。
口コミやグルメランキングなどを元に候補を絞り、お店のホームページを見て雰囲気や場所を確認し、これだわ!と思ったお店に突撃します。

デジタルデバイド4

ここで、ちょっと考えてみてください。
パソコンに疎いピヨ太君とパソコンをバリバリ使いこなすピヨ子さんでは、どちらが効率的に美味しいケーキ屋さんを探せるでしょうか?

きっと、ピヨ子さんの方ですよね?

パソコンをバリバリ使いこなすピヨ子さんの方が、よりたくさんの情報を、より効率的に集められます。
美味しいケーキ屋さんを見つける可能性が高いでしょう。

デジタルデバイド5

このように、得られる情報の質と量の差によって生じる、得する・損する(有利・不利)がデジタルデバイドです。

「デジタルデバイド」という用語はIT関連の知識の有無を理由に語られることもありますし、都会と地方の差で語られる場合もあります。
いずれにせよ本質は

得られる情報の差によって生じる格差

です。
得られる情報に差が出る要因として「IT関連の知識の有無」や「都会か地方か」などがあります。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「デジタルデバイド」って単語が出てきたら「入手できる情報の量や質の差によって生じる有利・不利なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク