[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

enable

pointこの用語のポイント

point有効にするよ

point「disable」の対義語だよ

pointプログラミングや設定関連の話で出てくるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

enableとは

「disable」の逆
であり

「それを指定すると、有効になるからね!」な値
です。

image piyo

詳しく書くよ

別にIT用語というわけでは、ありませんけどね。
プログラミングや設定関連の話で、当たり前のように登場します。
作る側の人は覚えておいてください。

順番に見ていきましょう。

「何かを無効にする値」を「disable(ディスエーブル、ディセーブル)」と言います。

この「disable」の逆で「何かを有効にする値」が「enable」です。
読みは「イネーブル」ですが、カタカナで書かれることは、まずありません。
英語の「enable」で覚えてください。

例えば、そうですね。

ここに怪しげなボタンがあります。

enable

ピヨ太君は、このボタンの動作を「disable」に設定しました。

enable2

そうすると、このボタンは動かなくなります。
ポチポチ押しても何にも反応しないか、あるいは、ポチポチ押すこと自体ができなくなります。

enable3

これが「disable」です。
何かの設定値として登場し、選ぶと、そいつが無効になります。

話は続きます。

ピヨ太君は、先ほど「disable」に設定した怪しげなボタンの動作を「enable」に変更しました。

enable4

そうすると、この怪しげなボタンは動くようになります。
ポチポチ押すと、何かが起こるかもしれません。

enable5

これが「enable」です。
何かの設定値として登場し、選ぶと、そいつが有効になります。

一般的に「disable」と「enable」はセットで登場します。
できれば併せて覚えてあげてください。

・disable:無効
・enable:有効


です。

ちなみに、どちらが無効でどちらが有効か忘れがちな人は「ディスる」で覚えると良いと思います。

一応、説明しておくと「ディスる」の意味は「侮辱する」とか「悪口を言う」とか、そんな感じです。
語源は確か「disrespect(ディスリスペクト)」だったはずです。

何が言いたいかというと「ディスる」ってのはネガティブなイメージの用語なのです。

「有効」と「無効」では、何となく「無効」の方がネガティブなイメージがありませんか?

ということで、ネガティブなイメージの「無効」の方が「ディス」で「disable」です。
「disable」じゃない方が「有効」で「enable」になります。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「enable」って単語が出てきたら「有効になるんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク