[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ハーフデュプレックス (half duplex)

pointこの用語のポイント

point通信のやり方だよ

point送るのと受け取るのを同時にできないよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ハーフデュプレックス (half duplex)とは

「半二重通信」のこと。
つまり

トランシーバーっぽい通信のこと
であり

送ってるときは受け取れないよ、受け取ってるときは送れないよ(送るのと受けるのを同時にはできないよ)、な通信方式
です。

image piyo

詳しく書くよ

対向車がすれ違うことのできない細い道路のイメージですね。

ハーフデュプレックス

左から車がプップーと来ているときは、右からやってきた車は通れません。
逆に、右から車が来ているときは、左からやってきた車は通れません。

ハーフデュプレックス2

当たり前の話ですが、両端から車が走ってくると、ぶつかってしまいます。

ハーフデュプレックス3

それと同じで、送っているときは送るだけ、受け取っているときは受け取るだけしかできない通信方式が「ハーフデュプレックス」です。
日本語で「半二重通信」と呼ばれる場合もあります。

ハーフデュプレックスでは、一度にできるのは送るか受け取るかのどちらかです。
自分が何か送っているときに相手から送られると、データ同士がぶつかって壊れてしまいます。
交通事故が起きてしまうわけです。

ハーフデュプレックス4

ハーフデュプレックスの説明において、一番よく登場する例は「トランシーバ」でしょう。
トランシーバは、聞きながら話すことはできません。
相手が喋っている間は、大人しく聞いている必要があります。

ハーフデュプレックス5

このように「送る」と「受け取る」を同時にできないのがハーフデュプレックスです。

なお「送る」と「受け取る」を同時にできる通信方式は「フルデュプレックス全二重通信)」と言います。

ハーフデュプレックスが細い道路のイメージなのに対し、フルデュプレックスは対向車線のある道路のイメージです。

ハーフデュプレックス6

両端から車が走ってきても特に問題ありません。
普通に、すれ違えます。

ハーフデュプレックス7

例えば、相手の声を聞きながら話せる「電話」などはフルデュプレックスです。

ハーフデュプレックス8

せっかくなので、併せて覚えてあげてください。

・ハーフデュプレックス:送ると受け取るを同時にできない(トランシーバ方式)
・フルデュプレックス:送ると受け取るを同時にできる(電話方式)


です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ハーフデュプレックス」って単語が出てきたら「送ると受け取るを同時にできない通信方式なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク