[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

縦倍角文字

pointこの用語のポイント

point文字だよ

point縦の長さが全角文字の倍だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

縦倍角文字とは

「あ」と同じくらいの幅の文字(全角文字)と比較して、縦の長さが2倍の長さになっている文字のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として、文字のあれやこれやについて簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

文字は「あ」とか「い」とかね。

縦倍角文字

「わざわざ説明されなくても分かるよ」という人も多いと思いますが、コンピュータの世界では「あ」や「い」のような「記号としての文字」と「眠い」や「お腹空いた」のような「言葉としての文字」を区別します。
そして

・記号としての文字 → 文字
・言葉としての文字 → 文字列


と呼び分けるのです。

縦倍角文字2

まずは「記号としての文字」と「言葉としての文字」があると理解してください。
その上で、本ページで登場するのは「記号としての文字」です。

さて、コンピュータの世界で一般的に登場する「記号としての文字」は2種類あります。

半角文字:「a」と同じくらいの幅の文字
全角文字:「あ」と同じくらいの幅の文字


の2つです。
全角文字は、横幅が半角文字の2倍になっています。

縦倍角文字3

ただし、あくまで「一般的には」です。
コンピュータの世界で使われる文字は半角文字と全角文字だけでは、ありません。

例えば「倍角文字」と呼ばれる文字があります。
倍角文字は「縦、横、縦横のいずれかの長さが全角文字の2倍の長さになっている文字」です。
「半」「全」と来たので「倍」なのでしょうかね。

縦倍角文字4

以上を踏まえて、縦の長さが2倍の倍角文字が「縦倍角文字」です。
「縦」+「倍角文字」で「縦倍角文字」ですね。

縦倍角文字5

あと、ついでなので書いておくと、横の長さが2倍の倍角文字は「横倍角文字」です。
単に「倍角文字」と言った場合は、横倍角文字を指す場合もあります。

縦倍角文字6

縦横の長さが2倍の倍角文字は「縦横倍角文字」や「4倍角文字」と呼ばれています。
縦に2倍で横に2倍だから、4倍なのでしょう。

縦倍角文字7

せっかくなので、全部まとめて覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「縦倍角文字」って単語が出てきたら「縦の長さが全角文字の2倍の文字なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク