[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ログオン (logon)

pointこの用語のポイント

point認証するよ

point使えるようにするよ

point「ログイン」と、ほぼ同じ意味だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ログオン (logon)とは

「ログイン」と同じ意味だけどマイクロソフトさん関連では「ログオン」って表現が使われているんじゃないかなぁ、のこと。
つまり

特定の人しか入れない場所や使えないサービスを「自分はOKな人ですよー」な認証を受けて使える状態にすること
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「ログイン」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

ログインは、ざっくり一言で説明すると「認証して使えるようにすること」です。

ログオン

多くの場合、認証はIDパスワードを使って行います。

IDは、ログインする対象のサービスから払い出されたIDだったり、登録するときに入力した自分のメールアドレスだったりです。
パスワードは会員登録とかするときに自分で決めたパスワードです。

それらのIDとパスワードを入力して「おまえは使ってOKなやつかな?」を確認してもらい「あぁ、おまえは使ってOKなやつか。どうぞ使ってください」にするのがログインです。

ログオン2

以上を踏まえて、ログインとほぼ同じ意味だけどマイクロソフトさんが好んで使っているかな?な表現が「ログオン」です。
「ログオン」と「ログイン」は同じ意味の用語だと捉えて、かまいません。
どちらも、行為としては「認証して使えるようにすること」です。

ログオン3

文化や背景で呼び方が異なるようですね。
個人的には、Windows関連は「ログオン」のイメージです。
それ以外、UNIX系(LinuxとかMacとか)やその他のサービスは「ログイン」なイメージです。

まぁ、あれですよ。
フォルダ」と「ディレクトリ」の違いみたいなものです。
よく分からなくなったら「ログイン」で表現を統一してください。
「ログオン」を使うのは、ほぼマイクロソフトさん絡みです。
「ログイン」という表現の方が一般的だと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ログオン」って単語が出てきたら「認証して使える状態にするんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク