[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

代理サーバ

pointこの用語のポイント

pointプロキシサーバ(プロクシサーバ)のことだよ

pointWebブラウザの身代わりをするよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

代理サーバとは

「プロキシサーバ(プロクシサーバ)」のこと。
つまり

恥ずかしがり屋なWebブラウザ(ホームページを見るときに使うソフト)の代理交渉人
であり

Webブラウザさんの身代わりになってホームページにアクセスしてくれるサーバさんのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

プロキシサーバプロクシサーバ)は「Webブラウザさんの身代わりになってホームページアクセスしてくれるサーバさん」ね。
このプロキシサーバ(プロクシサーバ)の別の呼び名が「代理サーバ」です。

あなたがホームページを見るときには、まず、ホームページを見るときに使うソフト(Webブラウザ)からホームページのファイルが置いてあるコンピュータ(Webサーバ)に対して「このページをおくれ」とお願いが出されます。

代理サーバ

そのお願いに対して、WebサーバさんからWebブラウザさんに「ほれ、そのページだよ」とお返事がきます。

代理サーバ2

あとはWebブラウザさんがお返事を画面上に表示することで、あなたはホームページを見ることができています。

代理サーバ3

ホームページが表示されるまでの流れは

1.Webブラウザ→「このページおくれ」→Webサーバ
2.Webブラウザ←「ほれ、そのページだよ」←Webサーバ


です。

代理サーバ4

これがホームページを表示する際の一般的な流れです。
ここに代理サーバが混ざると、以下のようになります。

Webブラウザさんは、まず代理サーバさんに対して「あのページを貰ってきておくれ」と、お願いを出します。

代理サーバ5

次に、代理サーバさんがWebブラウザさんの代わりに「このページをおくれ」なお願いをWebサーバさんにします。

代理サーバ6

お願いを受け取ったWebサーバさんは、代理サーバさんに対して「ほれ、そのページだよ」とお返事を出します。

代理サーバ7

お返事を受け取った代理サーバさんは、Webブラウザさんに「ほれ、そのページだよ」とお返事を出します。

代理サーバ8

あとはWebブラウザさんがお返事を画面上に表示することで、あなたはホームページを見ることができています。

代理サーバ9

ホームページが表示されるまでの流れは

1.Webブラウザ→「俺の代わりにこのページ貰ってきておくれ」→代理サーバ
2.代理サーバ→「このページおくれ」→Webサーバ
3.代理サーバ←「ほれ、そのページだよ」←Webサーバ
4.Webブラウザ←「ほれ、貰ってきたページだよ」←プロキシサーバ


です。

代理サーバ10

これが、代理サーバが混ざった際のホームページ表示の流れです。

個人的には「代理サーバ」という呼び方は使いません。
「プロキシサーバ(プロクシサーバ)」か「プロキシプロクシ)」と呼びます。

ですが、たま~に出てくるので覚えておいてください。
代理サーバはプロキシサーバ(プロクシサーバ)の別名です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「代理サーバ」って単語が出てきたら「Webブラウザさんの身代わりなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク