[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

退行テスト

pointこの用語のポイント

pointテストだよ

point変更していないところがおかしくなってないか確認するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

退行テストとは

「リグレッションテスト」のこと。
つまり

デグレってない?を確認するのが目的のテストのこと
であり

プログラムに機能を追加したり変更を加えたことによって、今まで普通に動いていた部分が動かなくなっていないかを確認するために行うテストのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

リグレッションデグレデグレード)は、ほぼ同じ意味で「『前の方が良かったんじゃね?』な状態になること」ね。
プログラミングの分野では、作ったはずの機能がなくなっていたり、せっかく直したはずのバグが復活していたりといった「プログラムを変更したら、前より、おかしくなっちゃった」な状態を指します。

退行テスト

デグレが起きていないか確認するテストは、横文字では「リグレッションテスト」と呼ばれます。
それを踏まえて、リグレッションテストの別の表現が「退行テスト」です。

例えば、そうですね。

ピヨ太君が自律指向型巨大ロボット「ピヨピヨ28号」を作ったとしましょう。
夢の巨大ロボットです。

退行テスト2

ある日のことです。
ピヨ太君は、ピヨピヨ28号をパワーアップさせました。

なんと!

空を飛べる機能を付けたのです。

退行テスト3

空を飛べる機能が付いたことによって、ピヨピヨ28号は大空を自由に飛び回れるようになりました。
ピヨ太君は大満足です。

退行テスト4

しかし、話はそれだけでは終わりませんでした。

ノリノリのピヨ太君は気づいていませんが、ピヨピヨ28号は歩けなくなっていたのです。
空を飛ぶためにある足の裏のジェット噴射用の穴が邪魔で、安定して立てなくなっていました。
この状態では安定感に欠けます。
うかつに歩くと、すっ転んでしまうでしょう。

退行テスト5

このままピヨピヨ28号が悪い怪獣と戦おうとしたら大変です。
現場には飛んで行けば済みますが、歩けないとなると、実際に戦う際の機動力が足りません。

退行テストは、そんな哀しい事態を避けるために行います。

新しく機能を追加した際に、追加した機能に対するテストが本来のテストです。
ピヨピヨ28号の話で言えば「空を飛べる?」の確認ですね。

それに対して、今まで動いていた機能に対するテストが退行テストです。
ピヨピヨ28号の話で言えば「歩ける?」「走れる?」「戦える?」などの「今まで、できていたこと」の確認です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「退行テスト」って単語が出てきたら「今まで動いていた部分が動かなくなっていないかを確認するためのテストなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク