[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ソースプログラム (source program)

pointこの用語のポイント

pointプログラムの元ネタだよ

point人間様が作るよ

point人間様が読める形だよ

point「ソースコード」とも呼ばれるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ソースプログラム (source program)とは

「ソースコード」のこと。
つまり

人間語で書いたプログラムの元ネタのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

ソースコードは「人間語で書いたプログラムの元ネタ」ね。

ソースプログラム

まず人間様の手でソースコードを作り、それを「コンパイル」と呼ばれる作業を通してコンピュータさんが分かる形に変換することで、プログラムは出来あがります。

ソースプログラム2

それを踏まえて、ソースコードの別の呼び名が「ソースプログラム」です。

ソースプログラム3

……とか書いておいてなんですが、私は「ソースプログラム」という呼び名を使ったことがありません。
何となく分かりにくい気がするのですよね。
個人的な印象ですが

プログラムの元ネタがソースプログラム

よりも

プログラムの元ネタがソースコード

の方が、完成品(プログラム)と元ネタ(ソース)の区別がつきやすい気がします。

ということで、私は「ソースプログラム」という呼び名を使いませんし、実は業務上でもほとんど聞いたことがなかったりしますが、一応、頭の片隅にでも置いておいてください。
ソースプログラムとソースコードは同じものを指しています。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ソースプログラム」って単語が出てきたら「人間語で書かれたプログラムの元ネタなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク