[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

8.3形式

pointこの用語のポイント

pointファイル名の命名規則だよ

point「8文字+ピリオド(.)+拡張子3文字」だよ

pointMS-DOSや昔のWindowsにおける制限だよ

point「ショートファイルネーム」とも呼ばれるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

8.3形式とは

「ショートファイルネーム」のこと。
つまり

ファイル名を「半角英数字8文字+ピリオド(.)+半角英数字3文字(拡張子の分)」にしましょうな制限
であり

MS-DOSや昔のWindowsにおける、ファイル名の命名規則
です。
あるいは

「半角英数字8文字+ピリオド(.)+半角英数字3文字(拡張子の分)」なファイル名
を指す場合もあります。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として、ファイル名のあれやこれやについて簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

ファイルは、コンピュータの世界における「書類」です。
とはいえ、普通に「ファイル」って言えば分かりますよね?

8.3形式

ファイル名は「ファイルに付けた名前」です。
これも、そのまんまな説明ですね。

8.3形式2

ここからが本番です。

Windowsの先輩であるMS-DOSや、昔のWindows(Windows 3.1とか)では、ファイル名は

半角英数字で8文字 + ピリオド(.) + 半角英数字で3文字(拡張子

にしましょう、なルールがありました。
例えば

piyopiyo.txt

はOKですが、拡張子が4文字の

piyopiyo.html

や、ファイル名が9文字の

piyopiyo1.txt

はファイル名として付けられなかったのです。

それが、Windows95以降では

9文字以上にしてもOKよ

となりました。

以上を踏まえて、昔の

半角英数字で8文字 + ピリオド(.) + 半角英数字で3文字(拡張子)

なファイル名の命名規則が「8.3形式」です。
名前の由来は

8(文字) + . + 3(文字)

だからでしょう。

8.3形式は「ショートファイルネーム」と呼ばれることもあります。

なお、8.3形式(ショートファイルネーム)じゃない方、

9文字以上にしてもOKよ

な命名規則は「ロングファイルネーム」と呼ばれています。

要は、昔は技術的な制約で短いファイル名しか使えなかったのです。
それが技術の進歩で長いファイル名も使えるようになりました。

昔の短いファイル名や、短いファイル名しか付けられなかった状態を指して「8.3形式」や「ショートファイルネーム」と表現します。
現在の長いファイル名や、長いファイル名を付けられる状態が「ロングファイルネーム」です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「8.3形式」って単語が出てきたら「8文字+ピリオド(.)+拡張子3文字のファイル名なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク