[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

フォールスポジティブ (false positive)

pointこの用語のポイント

point誤検知のことだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

フォールスポジティブ (false positive)とは

「あっ、ゴメン。悪いやつだと思ったけど、違ったわ」のこと。
つまり

「誤検知」を小難しくした表現
です。

image piyo

詳しく書くよ

本当はOKなのにNGだと判定してしまうのが「フォールスポジティブ」です。
日本語では「誤検知」と言われます。

例えば、そうですね。

ここにピヨ太君所有のビル「ぴよぴよビル」が、ありました。

フォールスポジティブ

ぴよぴよビルの入口には警備員が立っています。
……と言っても、人手が足りないので、ピヨ太君がやっています。

フォールスポジティブ2

おっと、向こうから底知れない気(オーラ)を放つ人物がやってきました。
どうやら、ぴよぴよビルに入ろうとしているようです。

フォールスポジティブ3

ピヨ太君は危険を感じ「ちょっと、待ったぁ!おまえは通さん!」と、その人物を呼び止めました。

フォールスポジティブ4

呼び止めた相手はピヨ子さんでした。

フォールスポジティブ5

ピヨ子さんは、ぴよぴよビルの住人です。
ピヨ太君、やっちまいましたね。

フォールスポジティブ6

気を取り直して、ピヨ太君は警備を続けます。

フォールスポジティブ7

ですが、誰も来ないので退屈です。
ピヨ太君は、ついつい、うたた寝をしてしまいました。

フォールスポジティブ8

その間に、不審者のアクマ君が、ぴよぴよビルに入って行きました。

フォールスポジティブ9

ピヨ太君、また、やっちまいましたね。

この話における、ピヨ太君の「やっちまった」は2つあります。
それは

1.通していい人を通さなかった
2.通しちゃダメな人を通した


の2つです。
これは、言い方を変えると

1.OKをNGと判定した
2.NGをOKと判定した


と言えます。

この2種類の「やっちまった」のうち

1.OKをNGと判定した

がフォールスポジティブです。
チェックを頑張りすぎちゃって、失敗した感じですね。

一方の

2.NGをOKと判定した

は「フォールスネガティブ」と言います。
こちらは、チェックの手を抜きすぎて、失敗した感じですね。
日本語にすると「検知漏れ」です。

チェックを厳しくすると、フォールスポジティブ(誤検知)が発生しやすくなります。
チェックをゆるくすると、フォールスネガティブ(検知漏れ)が発生しやすくなります。

一緒に登場することも多いので、セットで覚えてあげてください。

フォールスポジティブ:誤検知
フォールスネガティブ:検知漏れ


です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「フォールスポジティブ」って単語が出てきたら「誤検知のことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク