[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

侵入防止システム (IPS)

pointこの用語のポイント

point変なやつが来ないか監視しているよ

point変なやつが来たら、やっつけるよ

pointIDSのパワーアップ版だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

侵入防止システム (IPS)とは

殺意の波動に目覚めたIDSのこと。
もう少し真面目に書くと

コンピュータ世界における警備員みたいなもの
であり

コンピュータの中やネットワークを監視していて、変なやつがやってきたら「お命頂戴いたします!」とやっつける仕事をしているシステムのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「IDS」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

IDSは「コンピュータの中やネットワークを監視していて、不審者がきたら元締めに報告するシステム」です。
日本語で「侵入検知システム」と呼ばれる場合もあります。

侵入防止システム(IPS)

以上を踏まえて、検知だけではなく、やっつけるところまでやるようになったIDSっぽいやつが「侵入防止システム(IPS)」です。
Intrusion Prevention System(イントルゥージョン・プリベンション・システム)」を省略して「IPS」とも呼ばれます。

侵入防止システム(IPS)2

例えば、そうですね。

ここにピヨ太君所有のビル「ぴよぴよビル」が、ありました。

侵入防止システム(IPS)3

ぴよぴよビルの防犯対策はバッチリです。
通路とかには監視カメラが付けてあります。

侵入防止システム(IPS)4

おっと、不審者発見です!
変なやつが、ぴよぴよビルに入ってきました。

侵入防止システム(IPS)5

監視カメラは捉えた映像を管理者に送ります。

侵入防止システム(IPS)6

あとは管理者が何とかします。
追い出すのか、見なかったことにするのかは管理者次第でしょう。

侵入防止システム(IPS)7

そんな、ある日のことです。
ピヨ太君は思いました。
「不審者の対処するの、面倒くせーなー」って。

侵入防止システム(IPS)8

そこで監視カメラに「おまえさん、警備員に転職しない?」と打診しました。
「不審者がいたら、その場で取り押さえてくれよ」と言っているわけです。

これを監視カメラは了承しました。

侵入防止システム(IPS)9

監視カメラは警備員に転職したのです。

侵入防止システム(IPS)10

警備員に転職した元・監視カメラはアグレッシブになりました。
怪しいやつは自らの手で排除するようになったのです。
不審者がいたら「よーよー、おまえさん、ここがピヨピヨ組のシマだって知ってて入ってきてんのか?あぁ!」と詰め寄ります。

侵入防止システム(IPS)11

お陰でピヨ太君は、一日中、お昼寝をして過ごせるようになりました。

侵入防止システム(IPS)12

めでたし、めでたし。

この話における監視カメラがIDSです。
転職した後の警備員さんがIPSです。

IDSは、指定された場所を見張っています。
一般的には、コンピュータの中かネットワークを見張っているはずです。

侵入防止システム(IPS)13

見張っているところを変なやつが通ると、元締めに報告します。

侵入防止システム(IPS)14

これがIDSのお仕事です。

IPSも、指定された場所を見張っています。
一般的には、コンピュータの中かネットワークを見張っているはずです。

侵入防止システム(IPS)15

見張っているところを変なやつが通ると「おい、ちょっと待て」と呼び止めます。
不審者は、その場で排除します。

侵入防止システム(IPS)16

これがIPSのお仕事です。

IDSとIPSは同列に並べて語られることも少なくありません。
せっかくなので、併せて覚えてあげてください。

・IDS:不審者を見つけて報告するまでが仕事
・IPS:不審者を見つけてやっつけるまでが仕事


です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「侵入防止システム(IPS)」って単語が出てきたら「変なやつの侵入を見つけて、やっつけるシステムなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク