[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ネットワーク型IDS (NIDS)

pointこの用語のポイント

point変なやつが来ないか監視しているよ

point変なやつがやってきたら、元締めに報告するよ

pointネットワークを監視しているよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ネットワーク型IDS (NIDS)とは

ネットワークを見張るのが仕事のIDS(侵入検知システム)。
もう少し具体的に書くと

ネットワークを監視していて、変なやつがやってきたら「怪しいやつが来てまっす!」と元締めに報告する仕事をしているシステムのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「IDS」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

IDSは「コンピュータの中やネットワークを監視していて、不審者がきたら元締めに報告するシステム」です。
日本語で「侵入検知システム」と呼ばれる場合もあります。

ネットワーク型IDS(NIDS)

監視する場所に目を向けると、IDSは2種類に分けられます。
それは

1.コンピュータを見張るのが仕事のIDS
2.ネットワークを見張るのが仕事のIDS


の2つです。

以上を踏まえて、この2種類のIDSのうち

2.ネットワークを見張るのが仕事のIDS

が「ネットワーク型IDS」です。
「NIDS」と呼ばれる場合もあります。
先頭の「N」は「network(ネットワーク)」の「N」です。

ネットワーク型IDSは、ネットワークを流れるデータを監視するのが、お仕事です。
職場は、ネットワークの中ですね。

ネットワーク型IDS(NIDS)2

あと、ついでなので書いておくと

1.コンピュータを見張るのが仕事のIDS

の方は「ホスト型IDS(HIDS)」と言います。

ホスト型IDSの職場は、コンピュータの中です。
ネットワークを通じてコンピュータに入ってくるデータなどを監視するのが、お仕事です。

ネットワーク型IDS(NIDS)3

せっかくなので、併せて覚えてあげてください。

・ネットワーク型IDS(NIDS):ネットワークを見張るのが仕事
・ホスト型IDS(HIDS):コンピュータを見張るのが仕事


です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ネットワーク型IDS(NIDS)」って単語が出てきたら「ネットワークを見張るIDS(変なやつの侵入を見つけて報告するシステム)なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク