[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

フィールド (field)

pointこの用語のポイント

point領域だよ

point項目だよ

point結構、ざっくりとしたニュアンスで使われているよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

フィールド (field)とは

「場所」とか「領域」とか「項目」とか、そんな感じの意味の用語
です。

image piyo

詳しく書くよ

「場所」とか「領域」とか「項目」とか、そんな感じのニュアンスをざっくりと表現した用語が「フィールド」です。
普通の生活で登場する「フィールド」には、他の意味もありますけどね。
IT関連で出てきたら「領域」か「項目」と読み替えれば意味が掴めるはずです。

フィールド

フィールドという用語が出てくるのは、データベース関連や通信関連が多いと思います。

データベース関連で出てきた場合は「項目」と読み替えてください。

例えば「固定長フィールド」であれば

固定長項目

転じて

中に入るデータの長さが決まっている項目

の意味になります。

フィールド2

通信関連で出てきた場合も「項目」と読み替えてください。

通信の話では、やり取りするデータの構造について説明される場合があります。
例えば

送るデータは、ヘッダ部とボディ部がくっついたもので、ボディ部は送信元情報と宛先情報と実際のデータがくっついたもので~

みたいな話です。

フィールド3

この話に出てくる「ヘッダ部」「ボディ部」(「送信元情報」「宛先情報」「実際のデータ」)の項目を指して「フィールド」と表現します。

「宛先情報」フィールドには送り先のIPアドレスが入る

のような言い方ですね。

フィールド4

パッと思いつきませんが、その他の状況で出てきた場合も、基本的には「項目」か「領域」と読み替えれば意味を掴めると思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「フィールド」って単語が出てきたら「領域とか項目のことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク