[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

軽量プログラミング言語 (LL)

pointこの用語のポイント

pointプログラミング言語の分類だよ

point覚えたり使ったりするのが簡単なやつだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

軽量プログラミング言語 (LL)とは

JavaScriptとか、Perlとか、PHPとか、Rubyとか、Pythonとか、のこと。
つまり

実際にどうかは人それぞれだけど、一般的に、覚えるのが簡単で気軽に使えるだろうと言われているプログラミング言語のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

プログラミング言語は「プログラムの元ネタ(ソースコード)を書くときに使う言葉」ね。
プログラミング言語で書いたプログラムの元ネタを、コンピュータさんが分かる言葉に翻訳(コンパイル)することで、実際に動くプログラムになります。

軽量プログラミング言語

世の中には、たくさんのプログラミング言語がありますが、大きく2つに分けられます。
それは

1.覚えて使うための難易度が高いプログラミング言語
2.覚えて使うための難易度が低いプログラミング言語


の2つです。

「そんなの個人の主観によるんじゃね?」と思うかもしれませんが、我慢してください。
私も、そう思います。

とにかく、プログラミング言語は

1.覚えて使うための難易度が高いプログラミング言語
2.覚えて使うための難易度が低いプログラミング言語


の2種類に分けられるのです。
分けられるったら、分けられるんだいっ!

それを踏まえて

2.覚えて使うための難易度が低いプログラミング言語

を意図する用語が「軽量プログラミング言語」です。
Lightweight Language(ライトウェイト・ラングエッジ)」を省略して「LL」と表現されることもあります。

具体的には

JavaScript
Perl
PHP
Ruby
Python


などのプログラミング言語を指すようです。

取り上げておいてなんですが、個人的には「こんな用語を作って、何か意味があるの?」と思っています。
素直に「JavaScript」とか「PHP」とかの言語名を挙げるか「スクリプト言語」で一緒くたにすればいいだけのような気がします。

それに、初心者でも取っつきやすいのは確かですが、縛りが緩い分、きっちりしたプログラムを作ろうと思ったら結構、面倒くさい言語たちです。
間口は広いですが、極めるまでの習得難易度は、そこまで低くないと思うのですよね。

ということで、私にはイマイチ存在意義の分からない用語ですが、気が向いたら覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「軽量プログラミング言語」って単語が出てきたら「覚えるのが簡単で気軽に使える(と言われている)プログラミング言語なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク