[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

多値画像

pointこの用語のポイント

point2値画像じゃない画像だよ

point使える色が3つ以上だよ

point0と1だけでは表現できないよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

多値画像とは

2値画像(白黒画像)ではない画像のこと
と書くとズルいですかね。

カラー画像のように、3色以上使える画像のこと
であり

色の情報を0と1だけでは表現できない画像のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

一言で言えば「2値画像ではない画像」が「多値画像」です。
色の情報を「0」と「1」の2つだけでは表現できない画像を指します。

かなり強引な分類ですが、画像というのは

1.色を0と1だけで表現できる画像
2.色を0と1だけで表現できない画像


の2種類に分けられます。

例えば、白黒画像は

1.色を0と1だけで表現できる画像

です。

マス目を区切って、白の部分を0に、黒の部分を1に置き換えれば表現できますよね。
白黒画像は0と1だけで表現できます。

このような「色を0と1だけで表現できる画像」は「2値画像」と言います。
「0」と「1」の2つの値で表現できるから「2値」です。

多値画像

一方、カラー画像は、0と1だけでは表現しきれません。
例えば、白の部分を0に、黒の部分を1に、あとは灰色を2にしたり、水色を3にしたりする必要があります。

このような「色を0と1だけで表現できない画像」が「多値画像」です。
0とか1とか2とか3とか多くの値を使って表現するから「多値」です。

多値画像2

覚え方は、いろいろ、あります。
何となく分かれば満足な人は

1.2値画像:白黒画像
2.多値画像:カラー画像(グレースケールを含む)


と解釈するのが、一番分かりやすいでしょう。

もう少し正確に理解したい人は

1.2値画像:色を0と1だけで表現できる画像
2.多値画像:色を0と1だけで表現できない画像(2値画像ではない画像)


と解釈してください。

あるいは、言葉の意味を正確に拾って

1.2値画像:2つので色を表現する画像
2.多値画像:くので色を表現する画像


とかですかね。

どれも言ってることは同じです。
自分が理解しやすい覚え方で覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「多値画像」って単語が出てきたら「カラー画像(グレースケールを含む)のことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク