[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

二値画像

pointこの用語のポイント

point使う色が2つだけの画像だよ

point0と1で表現できるよ

point一般的には白と黒を使うよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

二値画像とは

いわゆる「白黒画像」のこと。
もう少し正確に書くと

白黒画像のように、使える色が2つだけの画像のこと
であり

色の情報を0と1だけで表現できる画像のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

※このページの説明は「2値画像」の説明と、ほとんど同じです。既に「2値画像」の説明をご覧になった方は、読んでもあまり意味は無いと思います。漢数字とアラビア数字で項目を分けているのは、大人の事情によるものです。検索機能がですね。漢数字(二値)で検索するとアラビア数字(2値)が引っかからないのですよ。

一言で言えば「使える色が2色の画像」が「二値画像」です。
色の情報を「0」と「1」の2つだけで表現できます。

例えば、そうですね。

ここに白黒画像がありました。

二値画像

この画像は0と1だけで表現できます。
マス目を区切って、白の部分を0に、黒の部分を1に置き換えれば表現できますよね。

これが、カラー画像になると、0と1だけでは表現しきれません。

二値画像2

例えば、白の部分を0に、黒の部分を1に、あとは灰色を2にしたり、水色を3にしたりする必要があります。

つまり、かなり強引な分類ですが、画像というのは

1.色を0と1だけで表現できる画像
2.色を0と1だけで表現できない画像


の2種類あると言えます。

この2つのうち

1.色を0と1だけで表現できる画像

が「二値画像」です。

二値画像3

よく分からない人は、白黒画像のことだと思っても、かまいません。
2色の組み合わせは、何でもいいはずですが、一般的には白と黒で表現されます。

あと、ついでなので書いておくと

2.色を0と1だけで表現できない画像

の方は「多値画像」と言います。

二値画像4

せっかくなので、併せて覚えてあげてください。

1.二値画像:色を0と1だけで表現できる画像
2.多値画像:色を0と1だけで表現できない画像


です。
もう少し、ざっくりと解釈すれば

1.二値画像:白黒画像
2.多値画像:カラー画像(グレースケールを含む)


とも言えます。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「二値画像」って単語が出てきたら「白黒画像のことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク