[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

同報通信

pointこの用語のポイント

point同じ内容を送るよ

point複数の宛先に一斉に送るよ

pointメールとかFAXの話で出てくるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

同報通信とは

メールとかFAXにおいて、1つの文面を複数の宛先に同時に送ること
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

メールは「電子メール」の省略表現で「パソコンさんの世界のお手紙機能」です。
とはいえ、普通に「メール」って言えば分かりますよね?

同報通信

FAXは「通信回線を使って画像を送る仕組み(もしくは機械)」です。
これも「FAX」って言えば分かりますよね?

同報通信2

メールやFAXの送り先は基本的にひとつです。

同報通信3

……と思わせておいて、たくさんの人に同時に送ることも可能です。

FAXだとイメージしづらいかもしれませんが、メールでは当たり前にやりますよね。
CCBCCに宛先を入れたり、TOに複数のメールアドレスを記入することで、同じメールが複数の人に送られます。

同報通信4

この「同じ内容を複数の宛先に一斉に送る」のが「同報通信」です。

同報通信5

今回はメールとFAXを例にしましたが、他にも、例えば無線機の話などでも登場するようです。
同報通信と出てきた場合のポイントは

1.ひとつの内容を送る
2.複数の宛先に一斉に送る


の2つです。

それさえ押さえておけば、困ることは少ないと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「同報通信」って単語が出てきたら「1つの内容を複数の宛先に同時に送ることなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク