[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

グラフィックアクセラレータ (graphics accelerator)

pointこの用語のポイント

pointグラフィックボードのことだよ

pointもしくは、GPUのことだよ

point画面表示を頑張ってくれる部品だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

グラフィックアクセラレータ (graphics accelerator)とは

「グラフィックボード」のこと。
あるいは

「GPU」のこと。
ふんわりと表現すると

「画面表示は俺の専門分野だ!」なコンピュータにくっつける部品のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

グラフィックボードは「パソコンにくっつける部品で、画面に文字や絵を(綺麗に)表示するのがお仕事のやつ」ね。

「画面のないパソコンはただの箱だ!」と言ったのは私ですが、パソコンさんを使うときにはモニタディスプレイ)が必要です。

グラフィックアクセラレータ

パソコンさんは、自分のやっているお仕事の内容や現在の状況を画面に映します。

グラフィックアクセラレータ2

私たちは、その画面を見て、パソコンさんにやるべきことを指示します。

グラフィックアクセラレータ3

当然ですが、画面に映る内容はパソコンさんから指示されたものです。
パソコンさん本体が「これをこんな感じで画面に映せや!」と出した指示を、モニタさんが「へいへい、分かりましたよーだ」と承諾することで、画面に文字や絵が映ります。

グラフィックアクセラレータ4

このとき「これをこんな感じで画面に映せや!」と指示を出すパソコン側の部品がグラフィックボードです。

グラフィックアクセラレータ5

……というのが間違ってはいないけど間違った説明です。

実は、グラフィックボードがなくても画面は映ります。

最近のパソコンさんは、マザーボード(他の部品たちがくっつく、パソコンの核となる部品)に、グラフィックボードと似たような役割を果たす部品がくっついているのです。
この状態を「オンボードグラフィック」と言います。

画面を映すときには、マザーボードにくっついている部品が頑張ってくれます。
よって、グラフィックボードがなくても、画面は映ります。

それでは、グラフィックボードは何のためにあるのでしょうか?

画面表示に関する性能を上げるためです。

マザーボードにくっついている部品は、性能的には普通です。
必要最低限のお仕事はできますが、そこまで優秀ではありません。

それに対して、グラフィックボードさんは画面表示関係のスペシャリストです。
「ママにくっついてる若造どもには、まだまだ負けんわいっ」って感じです。

そこで、3Dな映像をあーだこーだしたり、オンラインゲームをしたりする人は、グラフィックボードを、わざわざくっつけるのです。
動きがカクカクしたりしたら困りますからね。

くっつけると画面表示に関するあれこれがパワーアップする部品、それがグラフィックボードさんです。

グラフィックボードについては、何となく分かったでしょうか?
次に「GPU」について説明します。

GPUは「画像に関する処理を主に担当するパソコンさんの部品」です。
物としては、半導体チップです。

グラフィックアクセラレータ6

GPUは、グラフィックボードやマザーボードにくっついています。
グラフィックボードは板っぽいやつですが、GPUはその板にくっついているチップです。

グラフィックアクセラレータ7

どちらも「画面表示の部品」と呼べますけどね。
グラフィックボードが「板」なのに対し、GPUは「チップ」です。

以上が、GPUの説明です。

ここまでを踏まえて、グラフィックボードの別の呼び名が「グラフィックアクセラレータ」です。

グラフィックアクセラレータ8

もしくは、GPUの別の呼び名が「グラフィックアクセラレータ」です。

グラフィックアクセラレータ9

どちらかといえば、グラフィックボードを指すことが多いと思います。
ただ、GPUを指すこともあるようです。

そこら辺の区別が面倒くさい人は、ざっくり「画面表示用の部品」と読み替えてください。
それでも何となくの意味は掴めると思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「グラフィックアクセラレータ」って単語が出てきたら「画面表示を頑張ってくれる部品なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク