[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

直帰率

pointこの用語のポイント

pointホームページを1ページ見ただけで帰った人の割合だよ

pointホームページの人気度を示す指標のひとつだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

直帰率とは

ホームページの人気度を示す指標のひとつ
であり

ホームページを1ページだけ見て、すぐに帰っちゃった人の割合のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「Webページ」と「Webサイトホームページ)」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

Webページは「インターネットの世界で見られる文書ファイル」です。
インターネットの世界に転がっているファイルで、Webブラウザホームページを見るときに使うソフト)で見ることができます。

直帰率

Webサイトは「Webページが集まったもの」です。
ホームページ」と呼ばれる場合もあります。

直帰率2

本を想像すると、イメージしやすいと思います。
本のページ1ページがWebページです。

直帰率3

本のページが集まったもの、つまり1冊の本がWebサイトに相当します。

直帰率4

以上を踏まえて、せっかくホームページを見に来てくれたのに1ページ見ただけで飽きて(あるいは満足して)帰っちゃった人の割合が「直帰率(チョッキリツ)」です。

直帰率5

単純に考えると、来た人が1ページ見ただけで帰るホームページよりも何ページも見てくれるホームページの方が良いホームページな気がしますよね?
直帰率は「自分のホームページは人気があるのかな?」を判断する際の指標のひとつとして使われます。

ただし、直帰率は「高ければ悪い」とは一概に言えません。
ご注意ください。

例えば、日記系のブログであれば、毎日見に来てくれている人は最新の記事しか見ないはずです。
その場合は直帰率が高くなりますが喜ばしいことです。
「いつも来てくれてありがと~」となりますよね。

一方、ホームページ上で物を売っているような場合は、直帰率が高いのは良くありません。
他の商品を見たいという気持ちにさせられていないということですからね。
「もっと、いろいろな商品を見て~」となるはずです。

このように、直帰率が高い(低い)ことの良し悪しはホームページの性質によって変わってきます。

直帰率は、それ単体で見ても、あまり意味がありません。
他の指標と組み合わせてこそ威力を発揮する指標です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「直帰率」って単語が出てきたら「ホームページを1ページ見ただけで帰っちゃった人の割合なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク