[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

直帰率

pointこの用語のポイント

pointホームページを1ページだけ見て帰っちゃった人の割合だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

直帰率とは

Webページを1ページだけ見てすぐ帰っちゃった人の割合のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

Webページ」は「ホームページの中の1ページ」ね。
つまり、せっかくホームページを見に来てくれたのに1ページ目で飽きて(満足して)帰っちゃった人の割合が「直帰率」です。

直帰率

アクセス解析なんかを見ているとよく登場する言葉です。
「自分のWebサイトは良いサイト?」って判断する上での指標の一つになることもあります。

1ページだけ見てすぐ帰られるよりはたくさん見てもらった方が良いサイトじゃない?

ってな考えから生まれた指標ですね。

ただし直帰率は「高ければ悪い」とは一概に言えないのでご注意ください。
単体ではなく他の指標と組み合わせてこそ威力を発揮する指標です。

例えば日記系のブログで毎日見に来てくれる人は最新の記事しか見ないですよね?
そのような場合は直帰率が高くなりますが、喜ばしいことです。
いつも来てくれてありがと~。

逆に通販系サイトで直帰率が高いのはあまり良くないかもしれません。
他の商品に誘導できていないってことですからね。

このようにサイトの性質によっても意味合いが変わってくる指標です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「直帰率」って単語が出てきたら「ホームページからすぐ帰っちゃった人の割合なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク