[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

SDメモリーカード

pointこの用語のポイント

pointメモリーカードだよ

point「SD」という規格に沿って作られているよ

point大きさは、24mm(横)×32mm(縦)×2.1mm(厚さ)だよ

point容量は、2GBまでだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

SDメモリーカードとは

「SD」と呼ばれる規格に沿って作られているメモリーカード(板っぽい形をしているデータを入れておく箱)のこと。
あるいは

「SD」と呼ばれる規格に沿って作られているメモリーカードのうち、大きさが24mm(横)×32mm(縦)×2.1mm(厚さ)で、容量が2GBまでの物のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「メモリーカード」とSD規格について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

メモリーカードは「カードの形をしている、コンピュータ世界の収納BOX」です。
薄っぺらくて小さい、カードの形をしている、データを入れておく箱です。

SDメモリーカード

メモリーカードの世界には「SD」と呼ばれている規格があります。
「あれはあんな感じで、こっちはこんな感じで、あれがあ~なっていたら『SD規格を満たしている!』って宣言していいよ」な決まり事です。

大きさとかが作る人によって違ったら不便ですよね?

例えば、ピヨピヨカンパニー製のメモリーカードとアックマン株式会社製のメモリーカードで大きさが違ったとしましょう。
ピヨピヨカンパニー製のメモリーカードの方が小さいとします。

SDメモリーカード2

そうすると、おそらく、ピヨピヨカンパニー製のノートパソコンにアックマン株式会社製のメモリーカードは入りません。
ピヨピヨカンパニー製のノートパソコンのメモリーカードを挿しこむ穴は、ピヨピヨカンパニー製のメモリーカードに合せて作ってあるからです。

SDメモリーカード3

ということは、ノートパソコンを作っている会社のメモリカードしか使えないわけです。
これでは買う方としては不便ですね。

この不便を解消する目的で、会社をまたいだ共通ルールを作ることがあります。
例えば「大きさは、これくらい!」と決めてしまうのです。

そうすると、ピヨピヨカンパニー製のメモリーカードとアックマン株式会社製のメモリーカードが同じ大きさになります。

SDメモリーカード4

これなら、ピヨピヨカンパニー製のノートパソコンにもアックマン株式会社製のメモリーカードが入るはずです。

SDメモリーカード5

このような目的で作られた規格のひとつが「SD」です。

SD規格を満たして作ったメモリーカードは、SD規格に対応している穴に突っ込むことができます。
例え、作っている会社が違っても、です。

以上を踏まえて、SD規格を満たして作ったメモリーカードの呼び名が「SDメモリーカード」です。
「メモリー」の部分を省略して「SDカード」と呼ばれる場合もあります。
そのまんまといえば、そのまんまな名前ですね。

SDメモリーカード6

……というのが、広い意味での「SDメモリーカード」です。

実は、この「SDメモリーカード」という表現には注意が必要です。

※ここから先の説明は「SDカード」のように「メモリー」の部分を取っ払って表現します。「SDカード」と「SDメモリーカード」は同じものだと解釈してください。その他の用語も同じです。例えば「microSDカード」と「microSDメモリーカード」は同じものを指します。

SDカードは、技術の進歩と共に、容量が増えました。
それに伴い、呼び名も変わったのです。

SDカードの容量は、もともと「2GB」まででした。
この「容量が2GBまでのSDカード」を「SDカード」と呼びます。

SDメモリーカード7

技術が進歩して、32GBまで入るようになりました。
この「容量が4GBから32GBまでのSDカード」は「SDHCカード」と呼びます。
はじまりが4GBなのは、4GBの一つ手前、2GBまでは「SDカード」と呼ばれるからです。

SDメモリーカード8

さらに技術が進歩して、2TBまで入るようになりました。
この「容量が64GBから2TBまでのSDカード」は「SDXCカード」と呼びます。
はじまりが64GBなのは、64GBの一つ手前、32GBまでは「SDHCカード」と呼ばれるからです。

SDメモリーカード9

表にまとめると、以下のようになります。

呼び名容量
SDカード~2GB
SDHCカード4GB~32GB
SDXCカード64GB~2TB


ここで、技術の進歩に注目してください。

技術が進歩して変わるのは、容量だけでは、ありません。
大きさも変わります。

セットで「大容量化・小型化」と言われることもありますよね。
技術が進歩すると、大きさが小さくなる傾向にあります。

SDカードも同じです。
技術の進歩と共に大きさが小さくなりました。

もともとの大きさは、24mm(横)×32mm(縦)×2.1mm(厚さ)でした。
これを「SDカード」と呼びます。

SDメモリーカード10

技術が進歩して、大きさが20mm(横)×21.5mm(縦)×1.4mm(厚さ)のSDカードも作れるようになりました。
SDカードより小さいやつです。
この「SDカードより小さいSDカード」は「miniSDカード」と呼びます。

SDメモリーカード11

さらに技術が進歩して、大きさが11mm(横)×15mm(縦)×1.0mm(厚さ)のSDカードも作れるようになりました。
miniSDカードより小さいやつです。
この「miniSDカードより小さいSDカード」は「microSDカード」と呼びます。

SDメモリーカード12

表にまとめると、以下のようになります。

呼び名大きさ
SDカード24mm(横)×32mm(縦)×2.1mm(厚さ)
miniSDカード20mm(横)×21.5mm(縦)×1.4mm(厚さ)
microSDカード11mm(横)×15mm(縦)×1.0mm(厚さ)


つまり、SDカードはSDカードでも、単に「SD規格に沿って作られたメモリーカード」を意図して「SDカード」と表現する場合もあれば、

・容量が「2GB」まで
・大きさが「24mm(横)×32mm(縦)×2.1mm(厚さ)」


のSDカードを意図する場合もあるということです。
どちらを意図するかは、前後の文脈から判断してください。

また、(広い意味での)SDカードの呼び名は、組み合わせで表現される場合もあります。
例えば

microSDXCカード



microSDカードでSDXCカード

を意図しています。
物としては

・大きさが「11mm(横)×15mm(縦)×1.0mm(厚さ)」
・容量が「64GB~2TB」


なSDカードです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「SDメモリーカード」って単語が出てきたら「SD規格に沿って作られたメモリーカード、もしくは、SD規格に沿って作られたメモリーカードのうち、大きさが24mm(横)×32mm(縦)×2.1mm(厚さ)で容量が2GBまでのものなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク