[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

メモリーカード (memory card)

pointこの用語のポイント

pointデータを入れておけるメモリだよ

point薄っぺらくて小さい板みたいな形をしているよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

メモリーカード (memory card)とは

薄っぺらくて小さい、カードの形をしている、データを入れておく箱のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

少し回りくどいですが、順番に見ていきましょう。

パソコンさんの部品の説明をするときには

CPU=人間の脳みそ
メモリ=作業する机
ハードディスク=収納BOX


と、よく例えられます。

CPUはパソコンさんの脳みそです。
パソコンさんがお仕事をするときに動きます。

メモリーカード

メモリは、パソコンさんが作業するときに使うものを広げる机です。
机がないと、パソコンさんは、お仕事ができません。

メモリーカード2

ハードディスクは、収納BOXです。
お仕事道具や作ったものを入れておく場所です。

メモリーカード3

ここまでの説明で「メモリ」という用語が出てきました。

その内容を忘れてください。
パソコンさんの話をしていると「メモリが足りなくてさ~」や「メモリを増やしたんだよ~」のような会話がされますが、気にしないでください。

以上を踏まえて「カード型の、データを入れておく箱」が「メモリーカード」です。

メモリーカード4

メモリーカードは、薄っぺらくて小さい、板のような形をしています。
ノートパソコンや携帯電話、デジタルカメラなどに装着して使う部品です。

メモリーカード5

そうです。

メモリーカードは収納BOXなのです。

先ほどCPU、メモリ、ハードディスクの説明をしましたね。
メモリーカードの役割は、メモリよりもハードディスクに近いのです。

言葉の響きに騙されないように、ご注意ください。

メモリーカードは作業机では、ありません。
収納BOXです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「メモリーカード」って単語が出てきたら「カードの形をしている、コンピュータ世界の収納BOXなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク