[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

アセンダ (ascender)

pointこの用語のポイント

point小文字「x」と並べて書いたときに「x」の上端より出っ張ってる部分だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

アセンダ (ascender)とは

アルファベットの「b」や「d」における上に伸びている棒の部分のように、小文字「x」と並べて書いたときに「x」の高さよりも上に出っ張っている部分のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

アルファベットにおける小文字「x(エックス)」の高さを「エックスハイト(x-height)」と言います。
エックスハイトはアルファベットの基準となる高さのひとつです。

アセンダ1

高さに注目すると、アルファベットの小文字は3種類に分類できます。
それは

1.「a」や「c」のように「x」と同じ高さのやつ

アセンダ2

2.「b」や「d」のように「x」と比べて上が突き抜けているやつ

アセンダ3

3.「g」や「j」のように「x」と比べて下が突き抜けているやつ

アセンダ4

の3つです。

実際に

abcdefghijklmnopqrstuvwxyz

と並べると、分かりやすいですかね。
何となく法則性があります。

ここで

2.「b」や「d」のように「x」と比べて上が突き抜けているやつ

に注目してください。

文字の一部が「x」の高さよりも上に出っ張っていますよね?

この「x」の高さよりも上に出っ張っている部分が「アセンダ」です。

アセンダ5

なお、アセンダの逆、

3.「g」や「j」のように「x」と比べて下が突き抜けているやつ

の下に突き抜けた部分は「ディセンダ」と言います。

アセンダ6

せっかくなので、全部まとめて覚えてあげてください。

・エックスハイト:小文字「x」の高さ
・アセンダ:「x」より上に突き抜けている部分
・ディセンダ:「x」より下に突き抜けている部分


です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「アセンダ」って単語が出てきたら「小文字『x』の高さより上に出っ張ってる部分なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク