[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

サードパーティークッキー (third party cookie)

pointこの用語のポイント

pointクッキー(cookie)だよ

point訪問先のホームページが置いてあるWebサーバとは別のWebサーバから渡されるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

サードパーティークッキー (third party cookie)とは

「ファーストパーティークッキー」と対比される用語で、あなたが見たいホームページのファイルが置いてあるコンピュータ(Webサーバ)とは別のWebサーバから「次に来るときは、これを持ってきてね」と、こっそり渡されるメモのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは、ホームページが表示される流れとクッキー(cookie)について説明します。

あなたがホームページを見ようとすると、まず、ホームページを見るときに使うソフトWebブラウザ)からホームページのファイルが置いてあるコンピュータ(Webサーバ)に対して「このページをおくれ」とお願いが出されます。

サードパーティークッキー1

そのお願いに対して、WebサーバさんからWebブラウザさんに「ほれ、そのページだよ」とお返事がきます。

サードパーティークッキー2

あとはWebブラウザさんがお返事を画面上に表示することで、あなたはホームページを見ることができています。

サードパーティークッキー3

つまり、ホームページが表示されるまでの流れは

1.Webブラウザ→「このページおくれ」→Webサーバ
2.Webブラウザ←「ほれ、そのページだよ」←Webサーバ


となります。

サードパーティークッキー4

ここで

2.Webブラウザ←「ほれ、そのページだよ」←Webサーバ

の流れに注目してください。
WebサーバさんからWebブラウザさんにホームページのファイルが渡されるところです。

サードパーティークッキー5

実はこのとき、WebサーバさんがWebブラウザさんに対して、こっそりメモを渡してくる場合があります。
メモの受け渡しは「こっそり」です。
人間様の目には、やり取りが見えません。

サードパーティークッキー6

Webブラウザさんはメモを受け取りました。
このメモは保管しておいて、次のお願いをするときに一緒に送ってやります。
「よく分からないけど前回こんなの貰ったよ~」と、送りつけてやるのです。

サードパーティークッキー7

そうするとWebサーバさんは、必要に応じて、またメモを送ってきます。

サードパーティークッキー8

この一連の流れにおいて、WebサーバさんとWebブラウザさんの間でやり取りされるメモを「クッキー(cookie)」と言います。

サードパーティークッキー9

cookieのやり取りは、WebサーバさんとWebブラウザさんの間で勝手に行われます。
人間様が気にする必要は、基本的にはありません。

ここまでの説明で、ホームページが表示される流れとcookieについて、何となく分かったでしょうか。
よく分からない人は

1.ホームページのファイルが置いてあるコンピュータが「Webサーバ」
2.WebサーバとWebブラウザの間でやり取りされるメモが「cookie」


の2点を頑張って覚えてあげてください。

それを踏まえて、次に行きます。

あなたがホームページを見るとき、必ずしも1つのWebサーバとやり取りしているとは、かぎりません。
複数のWebサーバとやり取りしている場合があります。

サードパーティークッキー10

例えば、ホームページに広告がくっついている場合です。

あなたが広告の付いたホームページを見るときの流れは

1.Webブラウザ→「このページおくれ」→ホームページが置いてあるWebサーバ
2.Webブラウザ←「ほれ、そのページだよ」←ホームページが置いてあるWebサーバ
3.Webブラウザ←「これも表示して」←広告が置いてあるWebサーバ


になります。

サードパーティークッキー11

Webサーバに注目すると

1.あなたの見たいホームページのファイルが置いてあるWebサーバ
2.広告を表示するプログラムが置いてあるWebサーバ


の2つが登場します。

サードパーティークッキー12

広告の表示の仕方にもよるので「絶対にそう!」とは言えませんけどね。
2016年9月現在の主流のやり方は、そうなっています。

さて、広告の付いたホームページを見るときにやり取りするWebサーバは

1.あなたの見たいホームページのファイルが置いてあるWebサーバ
2.広告を表示するプログラムが置いてあるWebサーバ


の2つです。
ここでWebブラウザさんの気持ちになってください。

「1.あなたの見たいホームページのファイルが置いてあるWebサーバ」は、Webブラウザさんが「このページをおくれ」とお願いした相手です。
Webブラウザさん的には「当事者」と考えています。

サードパーティークッキー13

一方「2.広告を表示するプログラムが置いてあるWebサーバ」は、Webブラウザさん的には、どうでもいいやつです。
勝手に話に混ざってきた部外者ですからね。
こいつはWebブラウザさんにとっては「第三者」です。

サードパーティークッキー14

よって

1.あなたの見たいホームページのファイルが置いてあるWebサーバ
2.広告を表示するプログラムが置いてあるWebサーバ




1.当事者なWebサーバ
2.第三者なWebサーバ


に読み替えてみます。

ここまでを整理してみましょう。

ホームページのファイルが置いてあるコンピュータが、Webサーバです。
WebサーバとWebブラウザの間でやり取りされるメモが、cookieです。
Webサーバには

1.当事者なWebサーバ
2.第三者なWebサーバ


の2つがあります。

このことから、cookieにも2種類あることが分かります。
それは

1.当事者なWebサーバと受け渡しするcookie
2.第三者なWebサーバと受け渡しするcookie


の2種類です。

サードパーティークッキー15

お待たせしました。

この2種類のcookieのうち

2.第三者なWebサーバとやり取りするcookie

が「サードパーティクッキー」です。

サードパーティークッキー16

サードパーティークッキーは、Webブラウザ側でやり取りを意図していない、第三者なWebサーバが送ってきたcookieです。
もしかしたら、怪しいかもしれませんよね?

そのため、セキュリティ上の理由から、Webブラウザ側でサードパーティークッキーを受け取らないように設定している場合もあります。

あと、ついでなので書いておくと

1.当事者なWebサーバとやり取りするcookie

は「ファーストパーティクッキー」と言います。

サードパーティークッキー17

せっかくなので、併せて覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「サードパーティークッキー」って単語が出てきたら「訪問先のWebサーバとは別のWebサーバから渡されるクッキーなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク