[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

インテリジェントハブ (intelligent hub)

pointこの用語のポイント

pointハブだよ

pointネットワーク経由で遠隔管理できるよ

pointSNMPを使うよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

インテリジェントハブ (intelligent hub)とは

モテたい一心で一生懸命勉強して、教養とかマナーとかユーモア精神とかを身につけたハブのこと。(嘘)
真面目に書くと

SNMPエージェントとしての機能がくっついていて、違う場所からネットワーク経由で遠隔管理できるようになっているスイッチングハブのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは、ハブSNMPについて説明します。

ネットワークの構成には、いくつかの種類がありましてね。
その中に「スター型ネットワーク」と呼ばれる種類があります。

スター型ネットワークでは元締め用の機械を1つ置き、すべてのコンピュータは、その機械を経由してやり取りします。

インテリジェントハブ

この元締めの機械を「ハブ」と言います。

インテリジェントハブ2

ここでは、取りあえず

ハブは通信の中継をする機械

というのだけ覚えておいてください。
スター型ネットワークがどーちゃらこーちゃら、というのは忘れてかまいません。

さて、ここで登場したハブですが、実は2種類あります。
それは

1.みんなに送るけど自分に関係ない通信は無視してね!なハブ
2.送り先を判断してピンポイントで送るよ!なハブ


の2つです。

例えば、コンピュータAがハブに「コンピュータBにアレのことを訊いてくださ~い」とお願いを出したとしましょう。

インテリジェントハブ3

このとき「1.みんなに送るけど自分に関係ない通信は無視してね!なハブ」は、全部のコンピュータに対して「Bさん以外は無視してくださ~い。Aさんがアレのことを訊いてるよ~」と送ります。

インテリジェントハブ4

一方「2.送り先を判断してピンポイントで送るよ!なハブ」は、ピンポイントでコンピュータBに「Aさんがアレのことを訊いてるよ~」と送ります。

インテリジェントハブ5

この2種類のハブのうち「1.みんなに送るけど自分に関係ない通信は無視してね!なハブ」を「リピーターハブ」と言います。

インテリジェントハブ6

「2.送り先を判断してピンポイントで送るよ!なハブ」は「スイッチングハブ」です。

インテリジェントハブ7

リピーターハブは、最近では、ほとんど使いません。
スイッチングハブは、LANケーブル用のテーブルタップとして、よく使います。

以上がハブの説明です。
次にSNMPについて説明します。

ここに、ネットワークにつながった機器、例えばルータがあったとしましょう。

インテリジェントハブ8

このルータさんを、ネットワーク越しに監視・管理したいです。

そんなときは、まず、監視・管理したい機器(今回はルータさん)に監視員を派遣します。
実際には、機器の中にあらかじめ監視員さんが入っていて、そいつを叩き起こすだけですけどね。
取りあえず、今は気にしないでください。

インテリジェントハブ9

一方で、監視員さんを取りまとめる管理者さんもいます。
管理者さんは、監視員さんが見張っている機器とネットワークでつながっている、どこかのコンピュータにいます。
ふんぞり返って、下っ端からの報告を待っているのです。

インテリジェントハブ10

監視員さんは監視対象の機器を見張ります。
そして、定期的に監視結果を管理者さんに連絡します。
異常な~し」とか「大変です!息をしていません!」とかですね。

インテリジェントハブ11

管理者さんから監視員さんに指示が出ることもあります。
「最近サボり気味だから尻を叩け!」とか「取りあえず人工呼吸をしろ!」とかですね。

インテリジェントハブ12

このように、実際に機器のそばであれこれする監視員さんと、本部でデーンと構えてて監視員さんからの報告に対してあれこれする管理者さんが連携することによって、機器をネットワーク経由で管理するやり方があるのです。

インテリジェントハブ13

監視員さんと管理者さんは情報をやり取りします。
つまり、通信をします。

通信をするときには、お約束事が必要です。
片方が日本語で話しかけたのに、もう一方が英語でお返事をしたのでは、コミュニケーションが成り立ちませんよね。
それと同じです。

インテリジェントハブ14

監視員さんと管理者さんがやり取りする際に使うお約束事は「SNMP」と言います。
Simple Network Management Protocol(シンプル・ネットワーク・マネージメント・プロトコル)」の略で「SNMP」です。
文字通り「ネットワーク」で「マネージメント(管理)」するときに使うお約束事です。

SNMPでやり取りする片割れ、機器の動きをじ~っと見ていた監視員さんは「SNMPエージェント」と言います。
機器を監視して、その状況を管理者さんに伝えたりするのが、お仕事です。

インテリジェントハブ15

管理者さんの方は「SNMPマネージャ」と呼ばれます。
監視員さんからの報告を受けてあーだこーだしたり、逆に監視員さんに対して指示を出すのがお仕事です。

インテリジェントハブ16

全部まとめて覚えてあげてください。

・SNMPエージェント:監視員さん(実際に機器を監視するやつ)
・SNMPマネージャ:管理者さん(監視員さんからの報告を受けてあーだこーだするやつ)
・SNMP:監視員さんと管理者さんの間で意志疎通するためのルール


です。

以上がSNMPの説明です。

ここまでを踏まえて「SNMPエージェントとしての機能が備わっているスイッチングハブ」が「インテリジェントハブ」です。

ネットワーク経由で遠隔管理できるハブ

とも言えます。

インテリジェントハブ17

先ほどSNMPの説明をしたときに

そんなときは、まず、監視・管理したい機器(今回はルータさん)に監視員を派遣します。
実際には、機器の中にあらかじめ監視員さんが入っていて、そいつを叩き起こすだけですけどね。
取りあえず、今は気にしないでください。


と書きました。

そうです。
監視員さんは、機器の中にあらかじめ入っているのです。
普段は機器の中で、お昼寝しています。

インテリジェントハブ18

監視員さんが入っている機器はSNMPを使って遠隔管理できます。

インテリジェントハブ19

監視員さんが入っていない機器はSNMPを使って遠隔管理できません。

インテリジェントハブ20

「そんなの当たり前じゃん!」と思えたなら、インテリジェントハブの理解は目前です。

ズバリ!

SNMPの監視員さんが入っているスイッチングハブがインテリジェントハブです。
監視員さんが入っているので、その気になればSNMPを使って管理できます。
つまり、ネットワークを経由した遠隔管理ができるわけです。

インテリジェントハブ21

ついでなので書いておくと、SNMPの監視員さんが入っていないスイッチングハブは「ダムハブ」や「ノンインテリジェントハブ」と言います。
せっかくなので、併せて覚えてあげてください。

インテリジェントハブ22

ところで、ハブには

・リピータハブ
・スイッチングハブ


の2種類がありました。

スイッチングハブにSNMP監視員さんがくっついたのが、インテリジェントハブです。

それでは、リピータハブにSNMP監視員さんがくっついたら、どうなるのでしょうね?
実際のところは分かりませんが、これも「インテリジェントハブ」と呼べると思います。

ただし、リピータハブは残念な子です。
どれくらい残念かというと「バカハブ」とあだ名が付いているくらい残念な子です。

今は、リピータハブ自体があまり使われていません。
だから、SNMP監視員さんをくっつけたリピータハブなんて、わざわざ作らないだけじゃないですかね。

なんか、ごちゃごちゃしたので整理しておきます。
人によって微妙に呼び方が違ったりもしますが、私の理解では

-SNMP対応SNMP非対応
リピータハブ(バカハブ)インテリジェントハブダムハブ(ノンインテリジェントハブ)
スイッチングハブインテリジェントハブダムハブ(ノンインテリジェントハブ)


です。
インテリジェントハブなリピータハブも(理屈上は)あります。
ダムハブなスイッチングハブもあります。

そんな理解です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「インテリジェントハブ」って単語が出てきたら「遠隔管理できるハブなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク