[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

インターネットアドレス (Internet address)

pointこの用語のポイント

pointIPアドレスのことだよ

pointコンピュータに割り当てられる住所だよ

point「どこにお届けすれば良いの?」を判断するときに使う情報だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

インターネットアドレス (Internet address)とは

「IPアドレス」のこと。
つまり

インターネットをするときにコンピュータに割り当てられる住所のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

IPアドレスは「コンピュータさん向けのネットワーク上の住所」ね。
通信において、送信先を特定するときに使う情報です。

インターネットアドレス

このIPアドレスを指す別の表現が「インターネットアドレス」です。
IPアドレスとインターネットアドレスは、同じものだと考えて、かまいません。

インターネットアドレス2

IPアドレスの「IP」は「Internet Protocol(インターネット・プロトコル)」を省略したものです。

プロトコルは「通信プロトコル」の省略表現です。
「通信する上でのお約束事」を意味します。

つまり、IPは

インターネット通信用のお約束事

なのです。

IPアドレスは、このインターネット通信用のお約束事(IP)に従って通信をするときに使う住所(アドレス)です。
もう少しサクっと表現すると

インターネットで使うアドレス

と言えます。

そうです。

「インターネット」で使う「アドレス」なのです。

ということで、IPアドレスを意図して「インターネットアドレス」と表現することもあるわけです。

個人的には「IPアドレス」の方が、よく聞きますけどね。
どちらを使うか迷ったら「IPアドレス」と表現しておく方が無難だと思います。

なお、インターネットアドレスは住所です。
他の人と被っては、いけません。
被ってしまったら、相手が「どこにお返事すれば良いの~?」と迷ってしまいます。

あとの細かいことは、用語「IPアドレス」の説明を、ご覧ください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「インターネットアドレス」って単語が出てきたら「コンピュータに割り当てられる住所なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク