[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ファーストパーティ (first party)

pointこの用語のポイント

point当事者(売る方)だよ

pointサードパーティと対比されるための用語だよ

pointあるいは、ゲーム機本体を作ってる人たちだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ファーストパーティ (first party)とは

「サードパーティ(第三者)」と対比されるためにある用語で、(売る方の)当事者のこと。
あるいは

ゲーム機本体を作っている会社のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

当事者ではない「第三者」を「サードパーティ」と言います。
このサードパーティと対比されるためにある用語で「(売る方の)当事者」を意図した用語が「ファーストパーティ」です。

例えば、そうですね。

プリンタの話が分かりやすいと思うので、プリンタを例に説明します。

ピヨ太君がピヨ子さんにピヨピヨプリンタを売りました。
ピヨピヨプリンタはピヨ太君が社長を務めるピヨピヨカンパニーの製品です。

ファーストパーティ

ピヨピヨカンパニーでは、ピヨピヨプリンタで使うインクも売っています。
ピヨ子さんは、ピヨ太君からインクも買いました。

ファーストパーティ2

さて、そんな、ある日のことです。
アクマ君がピヨ子さんのところに営業にやってきました。
なんと「ピヨピヨプリンタで使えるインクを作ったから買ってよ。ピヨ太が売ってるやつより安いよ!」と言ったのです。

ファーストパーティ3

ここで、ピヨピヨプリンタに注目して、それぞれの関係を整理してみましょう。

ピヨ太くんはピヨピヨプリンタを売った人です。
当事者です。

ピヨ子さんはピヨピヨプリンタを買った人です。
当事者です。

アクマ君は本来、ピヨピヨプリンタには、まったく関係ない人です。
つまり、第三者です。

ファーストパーティ4

この関係性において、ピヨピヨプリンタとは直接の関係がない第三者、アクマ君を「サードパーティ」と言います。

ファーストパーティ5

そして、当事者の1人であるピヨ太君、ピヨピヨプリンタを売った販売側が「ファーストパーティ」です。

ファーストパーティ6

あとついでなので書いておくと、もう1人の当事者であるピヨ子さん、ピヨピヨプリンタを買った購入者は「セカンドパーティ」と言います……が、違うものを指して「セカンドパーティ」と表現する場合もあるので注意が必要です。

ファーストパーティ7

……というのが一般的な例ですが、これがゲーム関連になると少しニュアンスが変わってきます。

ゲーム機本体を作った会社と別の会社がソフトを作ることは当たり前にあります。
必ずしもゲーム機本体を作った会社がソフトを作るとはかぎりません。

それを踏まえて、ゲーム機本体を作った会社をファーストパーティと呼ぶらしいです。

例えば、ピヨ太君が社長を務める「ピヨピヨカンパニー」がゲーム機「Piyopiyo Station 5」を作って売ったとしましょう。
略して、PS……なんか怒られそうなので、止めておきます。
Piyopiyo Station 5ですよ、Piyopiyo Station 5。「Piyopiyo(ぴよぴよ)」ね!

ファーストパーティ8

Piyopiyo Station 5で遊べるソフトを作っているのは、アクマ君が代表を務めるゲームソフト会社「アックマン株式会社」です。
アックマン株式会社自体は、ピヨピヨカンパニーとは無関係です。
もちろんビジネス上の付き合いはありますが、資本提携とかはしていません。

ファーストパーティ9

一方、ピヨピヨカンパニーの関連企業「ピヨ子エンターテインメント」でもPiyopiyo Station 5で遊べるソフトを作っています。
どうでもいい情報ですが、ピヨ子エンターテインメントの社長はピヨ子さんです。

ファーストパーティ10

この関係性において、ゲーム機本体を作っているピヨピヨカンパニーがファーストパーティです。

ファーストパーティ11

ゲームソフトを作るアックマン株式会社はサードパーティになります。

ファーストパーティ12

ファーストパーティの関連企業、ピヨ子エンターテインメントは「セカンドパーティ」と表現されることがあるようです。

ファーストパーティ13

なんか、ごちゃごちゃしてますね。

ゲーム機本体に関わる人を当事者と解釈すれば、ファーストパーティ(当事者)とサードパーティ(第三者)の解釈は問題ないと思います。
セカンドパーティだけ、ご注意ください。

なお「ファーストパーティ」と「セカンドパーティ」は、実際には、あまり使われない表現です。

もともと、第三者を意図した「サードパーティ」という用語がありました。
そこから「サード(3)があるなら、ファースト(1)とセカンド(2)があっても、いいよね」と考えた誰かが作ったのでしょう。

私も「サードパーティ」という表現は使いますが「ファーストパーティ」と「セカンドパーティ」は、あまり使いません。
使うのはサードパーティと対比させるときくらいです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ファーストパーティ」って単語が出てきたら「当事者(売る方)なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク