[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

サードパーティ (third party)

pointこの用語のポイント

point第三者だよ

pointあるいは、ゲームソフトを作ってる人たちだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

サードパーティ (third party)とは

当事者ではない人のこと。
あるいは

ゲーム機本体を作っている会社とは無関係な、ゲームソフトを作っている会社のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

当事者ではない「第三者」をカッコつけて言ったのが「サードパーティ」です。

例えば、そうですね。

プリンタの話が分かりやすいと思うので、プリンタを例に説明します。

ピヨ太君がピヨ子さんにピヨピヨプリンタを売りました。
ピヨピヨプリンタはピヨ太君が社長を務めるピヨピヨカンパニーの製品です。

サードパーティ

ピヨピヨカンパニーでは、ピヨピヨプリンタで使うインクも売っています。
ピヨ子さんは、ピヨ太君からインクも買いました。

サードパーティ2

さて、そんな、ある日のことです。
アクマ君がピヨ子さんのところに営業にやってきました。
なんと「ピヨピヨプリンタで使えるインクを作ったから買ってよ。ピヨ太が売ってるやつより安いよ!」と言ったのです。

サードパーティ3

ここで、ピヨピヨプリンタに注目して、それぞれの関係を整理してみましょう。

ピヨ太くんはピヨピヨプリンタを売った人です。
当事者です。

ピヨ子さんはピヨピヨプリンタを買った人です。
当事者です。

それではアクマ君は、どうでしょう?
本来、ピヨピヨプリンタには、まったく関係ないですよね。
第三者です。

サードパーティ4

ピヨ太君が売ったピヨピヨプリンタは、当たり前ですが正規品です。
当事者が作った製品です。

ピヨ太君が売ったピヨピヨプリンタのインクも正規品です。
当事者が作った製品です。

それでは、アクマ君が売ろうとしているピヨピヨプリンタで使える(けど正規品ではない)インクはどうでしょう?
ピヨピヨプリンタとは直接、関係ない人が作った製品です。
言い方を変えると、第三者が作った製品と言えます。

サードパーティ5

この関係性において、ピヨピヨプリンタとは直接の関係がない第三者、アクマ君がサードパーティです。

サードパーティ6

ついでなので書いておくと、当事者の1人であるピヨ太君、ピヨピヨプリンタを売った販売側は「ファーストパーティ」と表現されます。

サードパーティ7

もう1人の当事者であるピヨ子さん、ピヨピヨプリンタを買った購入者は「セカンドパーティ」です……が、違うものを指して「セカンドパーティ」と表現する場合もあるので注意が必要です。

サードパーティ8

なお、アクマ君が売ろうとしたインクは「サードパーティ製品」などと表現されます。

サードパーティ9

同じ理屈でいけば、ピヨ太君の売ったプリンタやインクは「ファーストパーティ製品」と言えるでしょう。
ですが、実際には「正規品」や「純正品」と表現されることが多いはずです。

サードパーティ10

せっかくなので、全部まとめて覚えてあげてください。

ちなみに、サードパーティは必ずしもファーストパーティの敵とはかぎりません。
今回の例では、アクマ君はピヨ太君の商売敵でしたけどね。
もう少し平和的な場合も多々あります。

例えば、ピヨ太君が自律指向型巨大ロボット「ピヨピヨ28号」を作ったとしましょう。

サードパーティ11

ピヨ太君と仲の良いアクマ君が、ロケット噴射ブーツを作りました。
ロケット噴射ブーツはピヨピヨ28号の装備品です。
ピヨピヨ28号にくっつけると、ピヨピヨ28号は空を飛べるようになります。

サードパーティ12

この話におけるアクマ君がサードパーティです。
ピヨピヨ28号自体に注目すれば、当事者はピヨ太君です。
アクマ君は第三者ですからね。

サードパーティ13

ロケット噴射ブーツがサードパーティ製品になります。
第三者のアクマ君が作った製品だからです。

サードパーティ14

……というのが一般的な例ですが、これがゲーム関連になると少しニュアンスが変わってきます。

ゲーム機本体を作った会社と別の会社がソフトを作ることは当たり前にあります。
必ずしもゲーム機本体を作った会社がソフトを作るとはかぎりません。

それを踏まえて、ゲーム機本体を作った会社とは無関係なソフトを作る会社をサードパーティと呼ぶらしいです。

例えば、ピヨ太君が社長を務める「ピヨピヨカンパニー」がゲーム機「Piyopiyo Station 5」を作って売ったとしましょう。
略して、PS……なんか怒られそうなので、止めておきます。
Piyopiyo Station 5ですよ、Piyopiyo Station 5。「Piyopiyo(ぴよぴよ)」ね!

サードパーティ15

Piyopiyo Station 5で遊べるソフトを作っているのは、アクマ君が代表を務めるゲームソフト会社「アックマン株式会社」です。
アックマン株式会社自体は、ピヨピヨカンパニーとは無関係です。
もちろんビジネス上の付き合いはありますが、資本提携とかはしていません。

サードパーティ16

一方、ピヨピヨカンパニーの関連企業「ピヨ子エンターテインメント」でもPiyopiyo Station 5で遊べるソフトを作っています。
どうでもいい情報ですが、ピヨ子エンターテインメントの社長はピヨ子さんです。

サードパーティ17

この関係性において、ゲームソフトを作るアックマン株式会社がサードパーティです。

サードパーティ18

ゲーム機本体を作っているピヨピヨカンパニーがファーストパーティです。

サードパーティ19

そして、ファーストパーティの関連企業、ピヨ子エンターテインメントを指して「セカンドパーティ」と表現することがあるようです。

サードパーティ20

なんか、ごちゃごちゃしてますね。

ゲーム機本体に関わる人を当事者と解釈すれば、ファーストパーティ(当事者)とサードパーティ(第三者)の解釈は問題ないと思います。
セカンドパーティだけ、ご注意ください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「サードパーティ」って単語が出てきたら「直接は関係ない人なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク