[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

RSA

pointこの用語のポイント

point暗号化のやり方だよ

point公開鍵暗号方式だよ

pointいろんな場面で使われているよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

RSAとは

いろんなところで広く利用されている暗号化のやり方
であり

公開鍵暗号方式な暗号化のやり方(のうちのひとつ)
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として

暗号
暗号化
復号


について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

暗号は「特定のルールに従って、ぐちゃぐちゃに変換されたデータ」です。

RSA

暗号は、そのまま見ても、内容が分かりません。
悪い人に勝手に盗み見られても、書かれている内容は分からない理屈です。

RSA2

暗号を作成する行為を「暗号化」と言います。
特定のルールに従って、元のデータをぐちゃぐちゃにする行為です。

RSA3

あと、ついでなので書いておくと、暗号化の逆、暗号を元のデータに戻すのは「復号」と言います。

RSA4

以上を踏まえて、本題です。

暗号化のやり方は、いろいろあります。
その「いろいろ」の中のひとつが「RSA」です。

Rivest Shamir Adleman」の略で「RSA」ですが、別に覚える必要はありません。
本当に、まったく、これっぽっちも覚える必要はありません。
「Rivest」も「Shamir」も「Adleman」も、このやり方を考えた人の名前です。
佐藤さんと鈴木さんと田中さんが一緒になって考えたやり方に「SST(Satou・Suzuki・Tanaka)」と名付けるのと同じノリです。

RSAなやり方の暗号は、いろいろな場面で幅広く使われています。
今のところ、解読する楽ちんなやり方が見つかっていないからです。
悪い人たちは「ちくしょー、この暗号を破るのは大変だよー。なんか良い方法がないかなー」と頭を悩ませています(いるはずです)。
破られにくいから、よく使われているわけです。

なお、RSAの暗号化のやり方は「公開鍵暗号方式」と呼ばれるやり方です。
公開鍵暗号方式は「みんなにばらまくと自分だけが持ってる鍵の2つの鍵を使ってやり取りする暗号化方式」ね。
詳細は用語「公開鍵暗号方式」の説明を、ご覧ください。

RSA5

あとは、あーだこーだが、げふんげふんです。
細かいことは他のところで勉強してください。

個人的には

1.暗号化のやり方だよ
2.公開鍵暗号方式だよ
3.いろんなところで使われているよ


あたりを押さえておけば、日常生活で困ることは少ないと思っています。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「RSA」って単語が出てきたら「暗号化のやり方なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク