[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

WPA-TKIP/AES

pointこの用語のポイント

point無線LANにおける暗号化のやり方だよ

point規格はWPAだよ

point暗号化方式はTKIPとAESに対応しているよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

WPA-TKIP/AESとは

「WPA-TKIP」と「WPA-AES」を一緒くたにした表現
であり

無線LANにおける暗号化のやり方に関する表現で「WPAという規格に従って、TKIPなやり方で暗号化するよ!」と「WPAという規格に従って、AESなやり方で暗号化するよ!」の2つに対応しているよ!を意図した表現
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として、無線LAN暗号化について、あれやこれやと説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

暗号は「特定のルールに従って、ぐちゃぐちゃに変換されたデータ」です。

WPA-TKIP/AES

暗号は、そのまま見ても、内容が分かりません。
悪い人に勝手に盗み見られても、書かれている内容は分からない理屈です。

WPA-TKIP/AES2

暗号を作成する行為を「暗号化」と言います。
特定のルールに従って、元のデータをぐちゃぐちゃにする行為です。

WPA-TKIP/AES3

以上が暗号化に関する予備知識です。
次に無線LANについて説明します。

無線LANは「電波でビビビーな通信のやり方」です。
インターネットっぽい通信をする際のやり方の1つです。
線(LANケーブル)の代わりに電波を使って、情報を伝えます。

WPA-TKIP/AES4

無線LANは、電波ビビビーで通信相手とやり取りします。

WPA-TKIP/AES5

ビビビーな電波は空気中を自由気ままに飛び回ります。
そのため、悪い人に盗み見られる可能性が、線でつながっているときより高いのです。

WPA-TKIP/AES6

そこで、途中で盗み見られても内容が分からないように通信内容を暗号化します。

WPA-TKIP/AES7

これで安全です。
途中で盗み見られても、やり取りしている内容は分かりません。

WPA-TKIP/AES8

2016年8月時点では、無線LANを暗号化する際の規格(決まり事)には

WEP
WPA
WPA2


の3つがあります。

このうち、WEPは忘れてください。
古くて、しょぼいやつなので、今は「セキュリティ的に危ないから、できるだけ使わないでね」と言われているやり方です。

残るは

・WPA
・WPA2


です。

一方、暗号化方式(やり方)には

TKIP
AESCCMP


の2つが、あります。

無線LANにおける暗号化のやり方を勉強する際には

1.規格(決まり事)
2.方式(やり方)


の2つを分けて考えてください。
規格(決まり事)と方式(やり方)は関連性があります……が、比較対象にはなりません。
ごちゃ混ぜにして考えると、混乱すると思います。

それを踏まえて、実際の無線LANにおける暗号化のやり方は、規格(決まり事)と方式(やり方)の組み合わせで表現されます。

1.WPAという規格に従って、TKIPなやり方で暗号化する
2.WPAという規格に従って、AES(CCMP)なやり方で暗号化する
3.WPA2という規格に従って、TKIPなやり方で暗号化する
4.WPA2という規格に従って、AES(CCMP)なやり方で暗号化する


の4パターンがあるのです。
それぞれ

1.WPA-TKIP
2.WPA-AES
3.WPA2-TKIP
4.WPA2-AES


のように表記されたりします。

WPA-TKIP/AES9

この4パターンのうち

1.WPA-TKIP
2.WPA-AES


を一緒くたにした表現が「WPA-TKIP/AES」です。
「暗号化の規格はWPAですよ。対応している暗号化方式はTKIPとAESですよ」を意味しています。

この表現が出てきた際のポイントは

WPAだけどAESに対応しているよ!

です。

先ほど、無線LANにおける暗号化のやり方は

1.WPAという規格に従って、TKIPなやり方で暗号化する
2.WPAという規格に従って、AES(CCMP)なやり方で暗号化する
3.WPA2という規格に従って、TKIPなやり方で暗号化する
4.WPA2という規格に従って、AES(CCMP)なやり方で暗号化する


の4パターンあると書きました。

WPA-TKIP/AES10

この4パターンのうち

1.WPAという規格に従って、TKIPなやり方で暗号化する
4.WPA2という規格に従って、AES(CCMP)なやり方で暗号化する


は「絶対やってね!」な義務です。
それに対して

2.WPAという規格に従って、AESなやり方で暗号化する
3.WPA2という規格に従って、TKIPなやり方で暗号化する


については義務では、ありません。
「できたら、やってね」です。

WPA-TKIP/AES11

つまり、暗号化の規格がWPAであれば

1.TKIPには対応している
2.AESには対応しているか対応していないか分からない


のです。

そして

AESに対応しているよ!

をアピールするために「WPA-TKIP/AES」という表現を使います。

実質的に「WPA-AES」と「WPA-TKIP/AES」は同じ意味だと解釈してください。
WPAであれば、TKIPに対応しているのは暗黙の了解です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「WPA-TKIP/AES」って単語が出てきたら「WPA×TKIPと、WPA×AESに対応しているんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク