[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

レイヤ (layer)

pointこの用語のポイント

point何かの「層」だよ

pointお絵描きスペースを指す場合もあるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

レイヤ (layer)とは

お絵描きツール用語で「絵を描くスペース(透明な画用紙)」のこと。
本来の意味は

「層」の意味で、階層構造になっている何かの各々の層のこと
ですけどね。

image piyo

詳しく書くよ

「層」もしくは、お絵描きツール用語の「絵を描くスペース(透明な画用紙)」が「レイヤ」です。
全然違うようですが、意味合い的には似ています。

レイヤの元々の意味は、後者の「層」です。
例えば、OSI参照モデルの話をしていると登場します。

ただし、日常生活で「レイヤ」という単語が出てくるのは、フォトショップ(Adobe Photoshop)イラストレーター(Adobe Illustrator)をはじめとした、お絵描きツールの話をしているときでしょう。

普通のお絵描きでは、一枚の画用紙に好き勝手描きます。
それに対して、パソコンさんのお絵描きでは、たくさんの透明な画用紙を重ねて描くのが一般的です。

例えば

1.背景を描いた画用紙
2.建物を描いた画用紙
3.人間を描いた画用紙


を別々に用意して、それを重ねあわせて一枚の絵を作ります。

重ねあわせた、それぞれの画用紙が「レイヤ」です。
1の画用紙の上に2の画用紙が乗って、その上に3の画用紙が乗って、一枚の絵が完成します。
完成した絵を横から見ると、階層状になっていますよね?

余談ですが、こうしておくと1の背景に別の人間を乗せたり、別の背景に2の建物を乗せたりといった使い回しができるのです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「レイヤ」って単語が出てきたら「お絵描きスペース、もしくは『層』のことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク