[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

TKIP

pointこの用語のポイント

point暗号化のやり方だよ

pointWPAで採用されているやり方だよ

pointWPA2で使われることもあるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

TKIPとは

よく「WPA(無線LANにおける通信内容を暗号化するやり方のひとつ)に採用されている」と説明される暗号化のやり方
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として

暗号
暗号化
復号


について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

暗号は「特定のルールに従って、ぐちゃぐちゃに変換されたデータ」です。

TKIP

暗号は、そのまま見ても、内容が分かりません。
悪い人に勝手に盗み見られても、書かれている内容は分からない理屈です。

TKIP2

暗号を作成する行為を「暗号化」と言います。
特定のルールに従って、元のデータをぐちゃぐちゃにする行為です。

TKIP3

あと、ついでなので書いておくと、暗号化の逆、暗号を元のデータに戻すのは「復号」と言います。

TKIP4

以上を踏まえて、本題です。

暗号化のやり方は、いろいろあります。
その「いろいろ」の中のひとつが「TKIP(ティーキップ)」です。

Temporal Key Integrity Protocol(テンポラル・キー・インテグリティ・プロトコル)」の略で「TKIP」ですが、別に覚える必要はありません。

一応、説明しておくと、Temporalの意味は「一時的な」です。
Keyの意味は「鍵」です。
Integrityの意味は「整合性」になります。
Protocolは「プロトコル」ですが「お約束事」程度に解釈してください。

単純にくっつけると

一時的な鍵整合性お約束事

です。
省略された部分を想像すると

一時的な(暗号)(を使って)整合性(を取るための)お約束事

でしょうかね。
TKIPは、一定期間で使い捨てる暗号鍵を作って、使う、暗号化のやり方です。

TKIPは、無線LANの話で出てくる「WPA」に採用されている暗号化のやり方です。
WPAは「無線LANで通信内容を暗号化する際の、暗号化のやり方(のひとつ)」ね。

……という説明をよく見かけますが、ここら辺の関係性は意外とややこしいです。

一応、説明しておきますが、よく分からない人は読み飛ばしてください。

2016年8月時点の状況ですが、無線LANの通信内容を暗号化する際のやり方は、以下の3つがあります。

WEP
WPA
WPA2


このうち、WEPは忘れてください。
古くて、しょぼいやつなので、今は「セキュリティ的に危ないから、できるだけ使わないでね」と言われているやり方です。

残るは

・WPA
・WPA2


です。

さて、この(WEPと)WPAとWPA2ですが「どのようなやり方で、データをぐちゃぐちゃにするか」を具体的に示しているわけでは、ありません。
「暗号化のやり方」と言っても「このデータのここを1つずらして、あっちとこっちを置き換えて~」のような具体的な手順を示しているわけでは、ないのです。
もう少し広い意味で、いろいろなことを定義しています。

それでは、具体的な暗号化のやり方は何でしょうね?
それは

・TKIP
AESCCMP


と呼ばれているやつらです。

CCMPは「AES」と呼ばれる暗号化のやり方を無線LAN用に調整したお約束事です……が、取りあえず、気にしないでください。
ぶっちゃけ、CCMPよりもAESの方が、見かける機会は多いはずです。
無線LANの話にかぎっては、(本当は違いますが)CCMPとAESを同じものだと思っても構いません。

ここまでを整理しておきますね。
ちょっと小難しい表現を使いますが

WPAやWPA2:通信内容を暗号化する際の規格(決まり事)
TKIPやAES:暗号化方式(やり方)


と言えます。

ふぃ~、書くのが疲れてきました。
読むのも疲れませんか?
疲れたら、適当に休憩を挟んでくださいね。

……(--)Zzz

それでは、次にいきましょう。

ここまでの説明で

・WPAやWPA2:決まり事
・TKIPやAES:やり方


と分かりました。

……分かりましたよね?
分かったことにしてください。

実は、これらには組み合わせが発生します。
実際には

1.WPAという規格に従って、TKIPなやり方で暗号化する
2.WPAという規格に従って、AESなやり方で暗号化する
3.WPA2という規格に従って、TKIPなやり方で暗号化する
4.WPA2という規格に従って、AESなやり方で暗号化する


の4パターンがあるのです。

TKIP5

ただし

2.WPAという規格に従って、AESなやり方で暗号化する
3.WPA2という規格に従って、TKIPなやり方で暗号化する


については「できたら、やってね」です。
義務では、ありません。

TKIP6

そのため

1.WPAという規格に従って、TKIPなやり方で暗号化する
4.WPA2という規格に従って、AESなやり方で暗号化する


にだけ着目して

・TKIP:WPAで採用されている暗号化のやり方
・AES:WPA2で採用されている暗号化のやり方


と説明される場合もあります。

TKIP7

ややこしいですね。

無線LANの暗号化の説明を見ていると

WPA-TKIP
WPA-AES
WPA2-TKIP
WPA2-AES




WPA-PSK(TKIP)
WPA-PSK(AES)
WPA2-PSK(TKIP)
WPA2-PSK(AES)


のような表現を見かけることが、あるはずです。

これらはすべて、規格(決まり事)と方式(やり方)の組み合わせを示しています。
例えば

・WPA-TKIP

であれば

WPAという規格に従って、TKIPなやり方で暗号化するよ!

なやり方です。

・WPA2-PSK(AES)

であれば

WPA2という規格に従って、AESなやり方で暗号化するよ!

なやり方を示しています。

あとは、そうですね。

WPA-TKIP/AES

のような表記を見かける場合もあるでしょう。
これは

・WPA-TKIP
・WPA-AES


をまとめて書いただけです。

WPAという規格に従って、TKIPなやり方で暗号化するよ!あっ、そうそう。AESなやり方で暗号化するのにも対応しているよ!

を示しています。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「TKIP」って単語が出てきたら「暗号化のやり方なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク