[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

DES

pointこの用語のポイント

point暗号化のやり方だよ

point昔のアメリカで標準として採用されていたやり方だよ

point共通鍵暗号方式だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

DESとは

昔のアメリカで標準規格として採用されていた暗号化のやり方
であり

共通鍵暗号方式な暗号化のやり方(のうちのひとつ)
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

暗号は「特定のルールに従って、ぐちゃぐちゃに変換されたデータ」ね。

DES

暗号は、そのまま見ても、内容が分かりません。
悪い人に勝手に盗み見られても、書かれている内容は分からない理屈です。

DES2

暗号を作成する行為を「暗号化」と言います。
特定のルールに従って、元のデータをぐちゃぐちゃにする行為です。

DES3

あと、ついでなので書いておくと、暗号化の逆、暗号を元のデータに戻すのは「復号」と言います。

DES4

暗号化のやり方は、いろいろあります。
その「いろいろ」の中のひとつが「DES」です。

Data Encryption Standard(データ・エンクリプション・スタンダード)」の略で「DES」ですが、別に覚える必要はありません。

一応、説明しておくと、Data(データ)の意味は「データ」です。
Encryption(エンクリプション)の意味は「暗号化」です。
Standard(スタンダード)の意味は「標準」です。

単純にくっつけると

データ暗号化標準

になります。

昔むかし、アメリカの偉い人が「あ~、うちの国で使う暗号化のやり方だけど、どんなのが良いだろうね~?」と下々の者に尋ねました。

DES5

それに対して、下々の者たちは「う~ん、こんなやり方は、どうですかね?」と、いろいろ提案しました。

DES6

いろいろ提案された中から、偉い人が「よし!この暗号化のやり方を、うちの国の標準にしよう!」と決めました。

DES7

この「昔のアメリカで標準として採用された暗号化のやり方」がDESです。

DES8

恐らく

(アメリカにおける)データ(を)暗号化(する)標準(のやり方)

ということで

Data Encryption Standard(データ暗号化標準)

なのでしょう。

なお、DESの暗号化のやり方は「共通鍵暗号方式」と呼ばれるやり方です。
共通鍵暗号方式は「暗号化と復号に同じを使用する暗号化方式」ね。
詳細は用語「共通鍵暗号方式」の説明を、ご覧ください。

DES9

あとは、あーだこーだが、げふんげふんです。
細かいことは他のところで勉強してください。

個人的には

1.暗号化のやり方だよ
2.歴史が長いよ(古いよ)
3.共通鍵暗号方式だよ


あたりを押さえておけば、日常生活で困ることは少ないと思っています。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「DES」って単語が出てきたら「暗号化のやり方なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク