[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

WPA

pointこの用語のポイント

point暗号化のやり方だよ

point無線LANの話で出てくるよ

pointWEPより強いよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

WPAとは

無線LANにおける通信内容を暗号化するやり方のひとつで、しょぼいWEPの代わりに使うために生み出されたやつ
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として

暗号
暗号化
無線LAN


について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

暗号は「特定のルールに従って、ぐちゃぐちゃに変換されたデータ」です。

WPA

暗号は、そのまま見ても、内容が分かりません。
悪い人に勝手に盗み見られても、書かれている内容は分からない理屈です。

WPA2

暗号を作成する行為を「暗号化」と言います。
特定のルールに従って、元のデータをぐちゃぐちゃにする行為です。

WPA3

以上が暗号化に関する予備知識です。
次に無線LANについて説明します。

無線LANは「電波でビビビーな通信のやり方」です。
インターネットっぽい通信をする際のやり方の1つです。
線(LANケーブル)の代わりに電波を使って、情報を伝えます。

WPA4

無線LANは、電波ビビビーで通信相手とやり取りします。

WPA5

ビビビーな電波は空気中を自由気ままに飛び回ります。
そのため、悪い人に盗み見られる可能性が、線でつながっているときより高いのです。

WPA6

そこで、途中で盗み見られても内容が分からないように通信内容を暗号化します。

WPA7

これで安全です。
途中で盗み見られても、やり取りしている内容は分かりません。

WPA8

以上を踏まえて「無線LANの通信内容を暗号化する際の暗号化のやり方」のひとつが「WPA(ダブリューピーエー)」です。
Wi-Fi Protected Access(ワイファイ・プロテクティド・アクセス)」の略で「WPA」ですが、別に覚える必要はありません。

WPA9

もともと、無線LANの通信内容の暗号化は「WEP」と呼ばれるやり方で行っていました。

WPA10

ただ、残念ながらWEPは結構しょぼくてですね。
比較的簡単に内容が解読できてしまうのです。

WPA11

そこで「WEPの代わりになる、もっと強いの作ろうぜー!」と、どこかの誰かが言って作ったのがWPAです。

WPAはWEPよりも強力です。
そう簡単には内容を解読できません、多分。

WPA12

ちなみに、WPAがさらにパワーアップした「WPA2」という暗号化のやり方もあります。

WPA13

安全性を比較すると

(弱)WEP < WPA < WPA2(強)

です。
可能であれば、WEPではなく、WPAやWPA2を使うようにしてあげてください。

あと、将来的には、WPA2に代わる新しい暗号化方式もでてくるはずです。
WEPやWPAと同列に語られる見慣れない用語が出てきたら、暗号化のやり方だと判断して問題ないと思います。

以上で、ざっくりとした説明は終わりです。
ここからは、もう少しだけ具体的な説明をします。

ただし、ここから先は結構ややこしいです。
何となく分かれば満足な人は、読まなくてもかまいません。

それでは、行きますね。

先ほど、WPA(やWEPやWPA2)を「暗号化のやり方」と説明しました。
やり方はやり方なのですが、正確には「規格」です。
「このデータのここを1つずらして、あっちとこっちを置き換えて~」のような具体的な手順(暗号化方式、アルゴリズム)を示しているわけでは、ありません。
もう少し広い意味で、いろいろなことを定義しています。

2016年8月時点の状況ですが、無線LANの通信内容を暗号化する際の規格は、以下の3つがあります。

・WEP
・WPA
・WPA2


このうち、WEPは忘れてください。
古くて、しょぼいやつなので、今は「セキュリティ的に危ないから、できるだけ使わないでね」と言われているやり方です。

残るは

・WPA
・WPA2


です。

繰り返しになりますが、(WEPや)WPAやWPA2は規格です。
具体的な暗号化方式では、ありません。

それでは暗号化方式は何なのでしょうか?
それは

TKIP
AESCCMP


と呼ばれているやつらです。

CCMPは「AES」と呼ばれる暗号化のやり方を無線LAN用に調整したお約束事です……が、取りあえず、気にしないでください。
ぶっちゃけ、CCMPよりもAESの方が、見かける機会は多いはずです。
無線LANの話にかぎっては、(本当は違いますが)CCMPとAESを同じものだと思っても構いません。

ここまでを一旦、整理すると

WPAやWPA2:通信内容を暗号化する際の規格(決まり事)
TKIPやAES:暗号化方式(やり方)


となります。

さて、この規格(決まり事)と方式(やり方)ですが、組み合わせが発生します。
実際には

1.WPAという規格に従って、TKIPなやり方で暗号化する
2.WPAという規格に従って、AESなやり方で暗号化する
3.WPA2という規格に従って、TKIPなやり方で暗号化する
4.WPA2という規格に従って、AESなやり方で暗号化する


の4パターンがあるのです。

WPA14

ただし

2.WPAという規格に従って、AESなやり方で暗号化する
3.WPA2という規格に従って、TKIPなやり方で暗号化する


については「できたら、やってね」です。
義務では、ありません。

WPA15

そのため

1.WPAという規格に従って、TKIPなやり方で暗号化する
4.WPA2という規格に従って、AESなやり方で暗号化する


にだけ着目して

・TKIP:WPAで採用されている暗号化のやり方
・AES:WPA2で採用されている暗号化のやり方


と説明される場合もあります。

WPA16

ややこしいですね。

無線LANの暗号化の説明を見ていると

WPA-TKIP
WPA-AES
WPA2-TKIP
WPA2-AES




WPA-PSK(TKIP)
WPA-PSK(AES)
WPA2-PSK(TKIP)
WPA2-PSK(AES)


のような表現を見かけることが、あるはずです。

これらはすべて、規格(決まり事)と方式(やり方)の組み合わせを示しています。
例えば

・WPA-TKIP

であれば

WPAという規格に従って、TKIPなやり方で暗号化するよ!

なやり方です。

・WPA2-PSK(AES)

であれば

WPA2という規格に従って、AESなやり方で暗号化するよ!

なやり方を示しています。

あとは、そうですね。

WPA-TKIP/AES

のような表記を見かける場合もあるでしょう。
これは

・WPA-TKIP
・WPA-AES


をまとめて書いただけです。

WPAという規格に従って、TKIPなやり方で暗号化するよ!あっ、そうそう。AESなやり方で暗号化するのにも対応しているよ!

を示しています。

ふぃ~、これで説明は終わりです。
お疲れ様でした。

単純に理解したい場合は、WEP、WPA、WPA2の関係性だけを考えてください。
もう少し正確に理解したい場合は、WEP、WPA、WPA2とTKIP、AES(CCMP)の関係性を考慮する必要があります。

実は、それに加えて、さらに別の要素との関係性があったりもします。
ややこしくなるので、ここでは書きません。
興味がある人は、別のところで勉強してください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「WPA」って単語が出てきたら「無線LANで通信内容を暗号化する際の、暗号化のやり方なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク